2009年03月12日

ミステイク

宮城ルートに入って忍チンにキャベツ攻撃をうけるなら本望だと思うひとみです。こんばんは(挨拶)

タイトルのまま、今回はミステイクの二人の感想です。
今更なのですが、それは、本当に今更まとめて読んだからです。
買うだけ買ってたくせにちゃんとは読めていなかったので、日曜日、荒れ模様な部屋を片付けながら読みました。以下、ネタバレも含みますので(本当に今更ですが)ネタバレ嫌な方はくるりとUターンしていただけるとありがたいです。




本当にほしいものはいつだって手に入らなかった。と思っていたけれど、本当はそのほしいものはずっとあなたのものだった。という話、ですよね(お互いに)
そもそも、主従で年上の従者攻めで幼馴染で基本敬語だけど時々命令口調も入りますよだって年上だから…なんていう、その属性だけで個人的にぐっと鷲掴みにされる設定で、何よりもそれがあの井坂さんの話だと思うともうどうしようもないです。いやつまり萌えました(笑)
ぐるぐるしてる井坂さんが可愛くて仕方なかったです。個人的に一番好きなのは、5巻最終ページの全コマ呆然としてる井坂さんです。なんでしょうあの無防備な顔。
一人でなんでもできる(きっとこの人忍チンやウサギさんと違って、やろうと思えば料理とか家事全般もそつなくできるんじゃなかろーか)けど、朝比奈さんが一緒にいればそんな自分は出す必要がない。というか、いる理由が欲しいから出さないというか。
そして本来の自分が嫌いなのは、そんな自分が嫌いというよりも、結局朝比奈さんがいないことがイヤでたまらないんだろうなとか…。なんかすごく可愛いと思いました(結論)
あ、相川さ〜ん!かなり身近に萌え要素がありますyo!とか言いたいです。

他サイトさまの感想でも見ましたが、何よりもこの二人の楽しいところは、この状態から現在の時間軸を考えることですよね。
本編の二組は一気に数年とかたっても、あんまり変わってねー!あ〜でもやっぱり年月がたってるだけあってちょっと変わってはいるのかな。という感じでしたが、この二人は正直現在どうなっているのか分からないのが面白いと思います。
こんな過去話を描き下ろしで描いてるあたり、これで今は別れてるなんてそんなこたーないでしょうし、そもそもこの人が取締役なんて地位にいるのも、朝比奈さんとの約束を果たしたその結果で、だから朝比奈さんがいま秘書として隣にいるんだろうし。
でも、初登場の美咲とウサギさんのデートに乱入して、ウサギさんに俺のモンになれよとか言ってるあのフリーダム俺様加減から彼の心情を読み取るのは、なかなか難しいと思います。
やっぱり付き合うまでの十数年と付き合いだしてからの十年っていう長い時間一緒にいて、安定で確固とした関係になってる…のかなあ。相手が自分のことを好きっていうこと以外は、互いの事をよく分かっていた二人なので、その気持ちを伝え合った以上、もはや最強なのかもしれないと思ってみたり。
だから、あんな風に幼馴染をからかってみたり、ちょっかい出してみたり、おせっかいしてみたり、俺様全開にできるのかなとか色々考えてみます。いやでも俺様全開なのは、元々の性格か(笑)
でもそんな二人でも、時々すれ違ったり、嫉妬したり、疲れたり、やっぱり大切で、大好きだと思う瞬間があるといいなーと思います。

まあ、人様(もしくは自分)の妄想でカバーしてokな二人なんだろうと勝手に思い、実は以前のプチオンリーでしっかり本も購入していた訳です(そちらの本の井坂さんの薫呼びに萌えました)



色々感想とか書きたかったり、萌え語りしたかったりするものがたまっているので、またおいおい。
さ、サイトについてもまたおいおいです。(後者は本当に申し訳ないがいっぱいですが)

寒かったり暖かかったりで、この寒暖の差が春の入り口ってことなのかなと、まだ冬物コートを着て思う今日この頃です。

季節の変わり目。皆さんも風邪にはお気をつけ下さい。
posted by ひとみ at 00:47| Comment(56) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

11巻簡易感想(ネタバレはあまり含まれないような気がします)

何を今更と生温かく見られそうな気がしなくもないんですが、私、教授がすごい好きだなーと思った描き下ろしテロでした。。。って何、テンション低いのお前、せっかくのテロなのに?と思われたら、それは誤解です。
毎度ながらきゅんっとして、テンションは高いのですが。
すごい今、純情テロリストを最初から、忍チンがぶち当たってきたところから読み返したい気分になってるんですが、何故か明日も会社なのでそれでちょっとだるいなあと思っているだけで。
3連休あっても、その翌週の土曜日が出勤日になるんなら、はっきりいってあんまり嬉しくないよねっていう…。

なので、感想ともいえない感想を少しだけ。

最後のページを見て、うわああっと思いました。
確かに美しい思い出中毒はなくなってても、宮城の中に先生はいるんだなあっていうか、一部になってるのかなあと思って。もう恋愛じゃないのは確かですが、でもあの言葉は。
昔好きだった人に言われた優しい大切な言葉を、今好きな人に言うのは、どんな感じなんだろう。

今回改めてこの二人は、大人と子供の恋(子供のというと語弊がありそうなので、若者でもよい)なんだと思いました。そんなところが好きだなとも。つーか、忍チン視点の教授は無駄にカッコよくてどうしよう。…別に無駄でもない。普通に惚れそうになりました。
テロは今までどちらかというと、忍チンの恋を応援してます!な心境だったんですが、今は、これからもずっと宮城のこと好きでいてな、忍…!な心境です。
最後のページもですが、その1ページ前のやりとりでテンション最高潮になりました。それだけは断るんだ、そうなんだ…そうなんだなあああ(おちついて)
教授教授言ってますが、忍チンも当たり前のように可愛かったし、ミニマムめっさ可愛かったし、本編も楽しかったです。

いやほんとに改めて感想書きたいです。で自分の感想書いてから人様の見に行きます。



色々ひきこもり気味ですみません。とりあえず、元気です。来月にはちゃんと復活できればいい(遠い目)
あまぞんさんに頼んでるゲームとDVDは、明日は受け取れないので明後日になりそうです。楽しみです〜。きっとすぐにはできないと思うけど、それでも楽しみなものは楽しみです♪
posted by ひとみ at 01:14| Comment(10) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

純情ロマンチカ2 第4話 口は災いの元

今さらだろうが書きます感想、なエゴのターン。というか、野分のターン(笑)

出だしからあああ恥ずかしい!と叫びたくなりましたというか実際叫びました。くそう可愛いなあヒロさん。
もうキラキラ夢シーンが楽しかったです。ここ中の人2人も楽しかったんじゃなかろうか。ほか色々楽しくて、でも最後のおまけに持っていかれたような気がします。

・教授が大好きです。可愛いおっさん。
・津森先輩の登場もおおおっ、なんですが、やっぱり野分が幸せ気分のところに、ウサギさんが『弘樹』って入ってくるところに、すごくぐっときます。野分のぐるぐる具合がなぁ。いっぱいいっぱいな感じがとても好ましいです。
・野分自分に向かせる際の、ヒロさんの動きが楽しいです。ああちゃんとテレビ消して…!
・ついでに照れてくるくる回ってるところも…!!
・教授視点で見てて忍チンの行動が訳分からなくて、いっしょにモヤモヤして、でも教授視点で見てるからこそ、可愛さが凄まじいテロのように、野分視点もいいよなあと思います。
・そっけない感じも、ヒロさん視点だとそれでも色々考えてるのに、野分から見るとああこんな感じなんだなあとか。
・つーか野分が、超大型犬(笑)すげーイイ笑顔だなお前

・CM後のおまけは、あれですね、ここまでベタというか王道すぎて、逆に(?)あまり使われないんじゃないかとすら思うような台詞が、さらりと似合う(言われた後の反応も含め)エゴの二人が大好きです。
・パンダ多っ!
・夢オチでなくても違和感なかったと思います(笑)
posted by ひとみ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

アニメ感想〜

多分復活?と言う訳で、自分のためだけのアニメ感想を。
と思ったのについさっき入れたばかりのコーヒーを手に思いっきりぶっかけてしまい、若干欝です。あほです。

第2話 二度あることは三度ある
・井坂さんと朝比奈さんが気になってしょうがない。
・つーか井坂さん見てると、この人こんな性格で、こんないい声の人なのに多分受けなんですよーとか言いたくて仕方がない(笑)
・美咲君と朝比奈さんは、自分勝手な人に振り回されていて苦労しているもの同士、気があったりするのかなと思います。
・詐欺なウサギさんの挨拶は、ウサギさんというよりあー、まんま花田さんだ!と思いました。こんなウサギさんも良いと思います(美咲のつっこみが好き)
・ケーキ美味しそう。
・プライベートで最優先なのは〜からの流れが好きなんです。
・なんか物足りない?と思ったら、そうか温泉フラグがないのですね。し…仕方ないのか、ですよねそのへんアニメにならないですもんね(哀)
・マイクテスト最高

第3話 三度目の正直
・イチゴ美味しそう
・お久しぶりです角先輩
・なんか改めてすごい家です
・田中さんが好きです。でもこの描写だとちょっと口軽い人かもしれん。でもウサギさんのこと大事に思ってんだよなあ。
・あのミニマムの小さい二人からつながってるんですね…となんとなくしみじみ
・原作のこの回を読んだとき、美咲が好きなの?弟に張り合ってるだけなの?それとももしかして弟が好(ryとか色々考えたりした気がしますが、美咲の問いにはじめて会った時のことを思い出してるシーンが入ると、ああこの人もあそこからはじまって、想いがどんどん膨れあがっていったんだよなきっと、と結構切なくなります。ごめんよ応援できねーもん。
・高校生みたいなの(笑)
・お姫様だっこよりもおんぶに萌えます。


次のエゴが気になって仕方ないですが、我慢我慢…
posted by ひとみ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

純情ロマンチカ2 第1話 一度あることは二度ある

一家に一人高橋美咲!高橋美咲はいかがっすかーと、宣伝してまわりたくなるほど可愛かったです。美咲が。いや私が宣伝する必要はこれっぽっちもないでしょうが。

バーカ!と、訳分からん、が好きです。くるくる変わる表情が可愛い。
そんな美咲をすっげー愛しそうに見るウサギさんの、ガキ、やお前は言葉少ないから、の声や言い方が好きです。
髪くしゃくしゃってしてからの空気とか、朝のやり取りとか、優しくてラブラブでした(でもどっかすれ違ってます。そこが可愛いと思います)

ウサギさんが話しながらネクタイといてたり、バラなでてたり、胸に額当ててたり、そんな原作にない演出も良かったんじゃないかと思います。私は好きだ。
ヤバイシーンは分かりやすく今回カットされてましたが(笑)それは別に気にしません…とか言っちゃダメでしょうか?
でも好き勝手されてからの方が、襲ってやる、は説得力あったと思います(でもカットされてる方が、ちょっと残念ですがホッとしたりもするこの微妙な感情)

・井坂さんと相川さんのコンビが楽しい。特に美咲落とす時の井坂さんの演技と落とした後の相川さんの反応(笑)
・野分!野分!!
・春彦さーん!
・あの、美咲にいきなり怒鳴られて、『ぬおおっ』(?)とか言ってるのが妙にツボにはまりました。ちょなんか可愛い春彦さん。
・メイドさんの声がすげー可愛かった
・はい、嵐の予感です。

そんな訳で、朝出社前に見てもえもえしながら出社する日々がまたはじまりました。来週も楽しみですよー。
posted by ひとみ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

OPだけ見ちゃいました

タイトルのままです(笑)

ついついヨウツベで見てしまいました。
我慢しようかなあと思ってたのですが、他人さまの感想読むと我慢できませんでしたすみません。

最初から最後まで語りたい気もしますが、長くなりそうなので、テレ玉での放送時に書ければいいなーと思います。
とりあえず、ロマンチカの二人もエゴイストの二人もすごく可愛かったし、美咲君はやっぱり主人公だったし(サビ?いくまえのジャンプが好きー)ウサギさんの服の袖つかんでのめっさ可愛いし、エゴの額あわせてんのも頬両手で包んでるのも案の定萌えたのですが、とにかくテロの二人のカット全てがツボジャストミートだったので、ああもうありがとうございます!といった感じです。
可愛かったぬー。

そんな訳で、感想はできれば今週の金曜日…かな?と思います。
書ける余裕が精神的、肉体的にあればですが。






ところで今日、用事があって弟二人に連絡とろうと、二人の携帯にかけました。
すると二人そろって『お客様の都合により〜…』

\(^o^)/

素でこの顔文字を使いたくなったので使いました。
別に頻繁に連絡とってる訳じゃないけど、とりあえず連絡手段がないのは怖いので、金は払っとこうぜと思った秋の夜でした。
posted by ひとみ at 00:51| Comment(0) | TrackBack(1) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

トレトレ秋の号

1週間遅れですが、感想なんかを。
純情ロマンチカのみです。単行本派、アニメ派の方で本誌ネタバレ嫌な方は、Uターンお願いします。
大丈夫なら、追記からどうぞ。反転ですお願いします。




続きを読む
posted by ひとみ at 13:24| Comment(2) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

DVD2巻を買って

ネタバレというほどでもないと思うのですが、一応反転。
中村先生の描き下ろし漫画を読んで。


ミステイクは、そのまんま間違いとか思い違い…とかの訳でいいのかな?
そんなことを考えつつ読んだのですが。とりあえず。

高校生秋彦くん(多分高3)は受けですよね本当にありがryっていうか可愛いなああああ。

そーいえば高校生秋彦くんはすでに本編では出てた訳ですが、今回みたく頬染めてたりすると一気に破壊力増します。
この頃にはすでに孝浩さんに片想いしてて、ヒロさんに片想いされててっていう(井坂さん曰く不毛な)一方通行ラブがあったんだろうなーとか思うと余計にホントに萌えます。
井坂さんの方はどうやら3巻特典でおおっな展開になるそうなので、続きがとても楽しみです。

posted by ひとみ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

レポというか感想?

DVD初回特定のヒヨコを使った日常の写真発表
DVDの名シーンを声優さんと客席と一緒に見ましょうコーナー
生アフレコ
ラジオ公開アフレコ(お便り紹介、純情○○な瞬間、連想ゲーム、罰ゲームをかけたゲーム大会)
二期発表
オープニング、先行映像公開
生ライブ@
プレゼント抽選
生ライブA
お別れの挨拶

流れ的には上記の感じ?かな?


はじまる前に、多分注意事項みたいな感じで美咲君アナウンスがあったみたいなんですが、たらたらトイレに行っていたりしてまんまと聞き逃しました…。
でもちょこっと聞いたのは、ラストの『と言う訳で水分補給は大事だと思いました』…可愛い。

OP、声優さん4人が出てくる前に、キャラクターとして一言ずつアナウンスがあって、ウサギさんは美咲いねーのに美咲とか言ってて、あれはあの場にバイトとして美咲君がいたからだろうかと思ってみたり、ヒロさんと野分はちゃっかり二人で会話ちっくで萌えでしたが、でも野分@神奈さんは噛んでしまってたり(笑)忍チンは緊張しないためには、客席皆キャベツだと思えばいいとかキャベツひっぱってました。

写真発表の時、伊藤さんの写真(自分の肩にヒヨコをのせて顔をふせている)を見た神奈さん岸尾さんが見事なシンクロで『なにカッコつけてんだよ』と仰り、顔見合わせてシンクロっぷりに喜び、神奈さんからこっちとコンビ組もうかな発言があったりしました。

生アフレコ。
ロマンチカは観覧車のシーン。
エゴイストは図書室のシーン。
ここで当然のように息ぴったりで済ませた後、神奈さんから伊藤さんに役とっかえっこでアフレコしたいという意見が。
会場のすごい盛り上がりとともにはじまった訳ですが、想像以上に違和感なかったです。
これまでの刷り込みなかったら、逆でもやれてたんじゃないか?と思うくらい。
なんか伊藤さんver野分は、男前度があがってた気がしました。神奈さんverヒロさんは普通に可愛かったです。
さすが声優さん。
そういえば、ロマンチカにハマった頃、エゴ組の声優が逆だったら良かったのに…って感想をどこかで見たのを思い出しました。
その時は、こんな超ヒロさんと超野分なのに?と思ったんですが、その意見が少しだけ分かった気がしてみたり。でも、やっぱりヒロさんは伊藤さんで、野分は神奈さんだよなーと当たり前のように思う気持ちのが強いです。
その後のテロリストは油肉野菜で、火を止めろ!なシーン。
宮城役を花田さん。違和感もあんまなかったような気が(セリフほとんどなかったですし)
これの後、客席に花田さんver宮城はどうだった〜?って聞かれて、良かった〜と返って来たのを受けて、岸尾さんが「和彦さんに言っとこ」とか言ってて、つい萌えてしまいました。
そして、イトケンさんから、じゃあ神奈さんver宮城も見たいなあって出て、そしたら岸尾さんが、それなら忍はケンちゃんがやればいいと思うと提案し、エゴ組でテロ台詞をすることに。

伊藤さんver忍『油!肉!野菜っ!油!肉!野菜っ!油!肉!野菜っ!(ry』(←やけに力込めて、スタッカート)
神奈さんver宮城『…もったいないっ』(←隠し味に大量に入れた酒を見て)
この印象が強すぎて(大爆笑でした)次の花田さんver忍と岸尾さんver宮城をほとんど覚えてない罠。
posted by ひとみ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

おめでとう2期!

楽しかった…おめでとうありがとう10月からセカンドシーズン!

そんな訳で、ロマンチカイベントから帰って参りました。
声優さんイベントなんか生まれてはじめてで、そりゃ作品は好きだけど特に声優さんが好きって訳じゃないのにいいのかな〜、てか楽しめるかな〜などと、めっさ失礼なことを思いながら行ったのですが、最初から最後までしっかり楽しかったです。
声優さんも時々webラジオを聞いているくらいだったので、あまり性格とかまで知らなかったのですが、皆さんすごく頑張って盛り上げて下さってました。
この人がいないと回らなかっただろうイトケンさんと、終始はじけまくりな岸尾さんと、盛り上げていく神奈さんと、浮いていて(本人談)いなくても支障はなさそうだけどいるととても面白い花田さんという、面白いカルテットでした。

レポは…レポは、うん書けたらいいなと思います。でもすでに色々飽和状態であやふやなんですが(笑)

というのも、2期の発表で頭ぽーんとなってしまったからで、帰って見るとちゃんと公式にも発表されてましたね。
10月から2期放送開始。
あるという噂は聞いてましたが、このタイミングなんだ…!と色んな意味で驚きで、思わずキャーだかギャーだか叫びました。
いち早くOP映像と先行映像公開、なんてサプライズもありました。
後で追記に書きますが、もともと記憶力大してよくないあげくに無駄に興奮していたので、ものすごくあいまいです。
それにしても、嬉しいけどどうせならあと1クール分くらい、後でもよかったのになあと、思わなくもありません。
だって、正直12月とかまではDVDの発売やらゲームやらで十分過ぎるくらい補給できただろうなあと思うので。供給過多です。嬉しいけど、嬉しいけど!


追記で2期OP映像と先行映像を思い出して、みました。
はじまるまで知りたくねーよ!って方や、そんなあやふやな記憶はちょっと…って方は、見ない方が良いと思います(しかも短いです)私もほかの方のレポに期待し、とりあえず、美咲もヒロさんも忍チンも可愛かったよ!とそれだけは確かでした。はい。



追記
posted by ひとみ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

DVD1巻〜♪

といっても中身見てないんですが。
もう一つのDVDでいっぱいいっぱいでした(笑)落ち着いたら見ます。

でも特典冊子は読みました。
ネタバレはできるだけ自重しときますが、一言、ひとこと言わせて下さい。

≪ネタバレなので反転≫

朝比奈x井坂公式万歳!
(いやまだ分かりませんが)(逆かもしれませんが)


井坂さんに可愛いとか思う日がくるとは思っていませんでした。
そういえば公式サイトのキャラクターページの朝比奈さんの説明は、『無礼な苦労性』になってて、はじめてみた時、そこまでキャラたってないんじゃないかな?って思ったのですが、こんな背景があるキャラだからなのかな〜ってちょっと納得。


≪反転終わり≫

でもこれ2巻は続きの漫画がついてきて、6巻まで続くって思っていいんですかね。楽しみです。



あと、漫画の後についてきてた、さくらいさんの美咲君語りにちょっとおおっと思ったりしました。
声優さんがキャラクターを語るのは、読者・視聴者が好きー!って気持ちで語るのとは違っていて、でも好ましく語ってくれるのはいいな〜なんか嬉しいな〜と思います(っても、こんなとこで否定的に語ったりはできないでしょうが)
posted by ひとみ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

NTロマンスとか

毎日毎日あっついですね〜…。
こう、毎年のことながら7月8月のやる気のなさはダメすぎです。
色々考えることがあって、なんか多少弱ってる?のかなと思うのですが、そんな自分で解決するしかないことを書いてもどうにもならんので、最近のロマンチカ事情を。

アニメが終わってしばらくたちますが、自分の中では終わってません。だって感想全部書いてないもん(もん言うな)そんな訳で最後3話分の感想は今更かよと思われようが書きます。書きたいからです。
でも、録画予約する時のうきうき感とか、ちゃんと録画できててホッとする三ヶ月が終わってしまって、それに慣れてきたのはやっぱり寂しいなと思います。

NTろまんす。
3組ちゃんといるとそれだけで嬉しいです。3組3様でラブっててニヤニヤしてます。そんな自分がきもいですが今更です。
ソファで肩にもたれて寝ちゃってるのも、手つないで照れてるのもすっっっごく萌えるのですが、今回触れてそうで触れていない、触れ合う一歩手前のようなエゴの二人に妙にグッときました。うん、いいよいいよ〜っ!
…野分が余裕っぽくて若干ムカつきますが(最近ひとみさんの野分への愛は、溢れるほどにあるのですが少しばかり歪み気味です)
あと花田さんの、ウサギさんはある意味乙女説におおっ、と思いました。なるほどなと。確かに感受性豊かだし…ウサギさん。
でもそれ言っちゃうと、みんな乙女なような気がします(笑)
なので、乙女はヒロさんの専売特許にしておきたいところです。
それとおめでとう色紙の、中村先生絵は勿論可愛かったのですが、菊地さんの男前な忍チンに惚れそうになりました。すごく名場面です。

DVD発売記念イベント
当選しました。
実は、当選した時のことなんかほとんど考えずに応募していたので、嬉しいのは嬉しいのですが、それよりも動揺しています。だって声優さんのイベントなんか、この長いオタ人生でもはじめてで、どんな顔でいけばいいのやら…。
いやでも、せっかく当選したので楽しんでこようと思います。ええっと生ヒロさんや生野分や生ウサギさんや生忍チンを!(色々ちがう)
ちっちゃい眼鏡の女が、物珍しそうにうろうろしていたら私かもしれません(笑)
posted by ひとみ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

純情ロマンチカ 第9話 情けは人の為ならず

今更ですが9話の感想なんかを。

そういえばアニメがはじまって初めて声優さんにドキドキした回でした。ってドラマCD持ってる方ならみんなそうだったんだろうなーと思う訳ですが。
で、感想は。

天使が二人いましたね(真顔で)

可愛いかったですねー…。尺的に一話でおさめるのは少し無理があるかなと思ってたのですが、それでも押さえるところは押さえててくれた感じで。
ただちびヒロさんが原作より、元気な少年的な感じで描かれてたような?ウサギさんの部屋でのはしゃぎっぷりとかが。
でも子供っぽくて良かったんじゃないかなと思ったり。

『俺はお前の味方だからな』の後の無表情が柔らかくなるところが好きです。
二人そろって顔真っ赤になっちゃう所も。
声も普通にいいんじゃないかと思いました。
ちびヒロさんがりんちゃんでした。萌えてもいいですか。

それと今更なんですけど、田中さんが無駄にカッコよすぎると思いました。
あの私、田中さんと結婚したいです(真顔2)
ヒロさんのお母さんも綺麗で、お茶目で好きです。
タオル受け取った後、襟直してあげてるとこが普通のお母さんって感じでいいなーと思いました。

でもって、泣き顔見せたくないって泣いてて結局見られてしまうところで、そういや野分との出会いは泣き顔で、だったんだよなーとリンクなんかなあと思ってみたり、ウサギさんはチューで泣き止ませて、野分はぐいぐい引っ張っていっちゃったんだなと思ってみたり。
そもそもこんなちっちゃい時から、あの時までずっと秋彦秋彦だったんだなーと思うと、本当に一途にも程があると思います。

あと最初の野分が怖いです(笑)いや良い演出だと思いました。
でも、何隠されたんですか、が怖い。
ヒロさん好きすぎるあなたが大好きです。
もちろん兄チャン経由で写真入手してるウサギさんも好きです。
あーでも、チビウサギさんの写真見て、ラブリー!ってなってる美咲は見たかったです。残念。







…ていうか全然関係ない今日のアニメの展開がショックすぎてアレだったので、半分逃避でした。可愛いものに逃げてもいいよね…。いや別に逃避じゃなくても十分癒しだった訳ですが。
posted by ひとみ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

世界一初恋

律ちゃんバージョンを買いました。
描き下ろしがありました。
片想い水溶液がだばだばあふれてんのが、妙にツボにはまりました。かわいいかわいい。

一応本誌読んだ時の感想
No.1 No.2

そういえば本誌で第一話を読んだ時、なんかこう間抜けな話だなあ(というか消化不良かもしれない)と思ったのですが、本誌で続きを読んで少しずつ事情が明かされてきたうえで一話を見返すと、特に高野さん側の反応に、この人この時こんな気持ちだったんかなってのが分かるようになる気がします。
気づいた時の表情とか、律君が覚えていなくて初対面だって言われた時も。お前にとってはいつでも冗談なのかもな、も。
結論としては、帯のくらんぷせんせーの言葉になるような気がしますが(笑)うんすっげー好きだよなあ高野さん。仕事と恋愛(律ちゃん)切り分けてるようで全然切り分けてないあたりが、面白いなと思います。

あと内容には直接関係ない気がするのですが、最近某漫画家さんの出版社控訴の件で漫画家と編集の一部の実体、のようなものを垣間見たりして、それを踏まえて中村先生のお話(今回のお話やロマンチカも)を読むと、少なくともこの人にとって、編集とかその人たちが所属する会社っていうのは、悪いモノじゃなくプラスのものなのかな〜って思えて、ほわっと嬉しくなったりします。いや実情は知らんのですが。

すごくがんばって仕事してて、しかも頑張ってるっていう途中経過だけでなくて実際に結果を出して何かを作り出している話を見ると(それがドラマとか漫画とか小説の中の話でも)自分ももっと頑張れるだろうと思います。そんな訳でちょっと明日からのやる気もでました(笑)

最新号の感想もいずれ書きたいなと思います。
posted by ひとみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

純情ロマンチカ 第10話 少年よ大志を抱け

とりあえず一言。

そ こ で 切 る ん だ。

もう朝から笑ってしまいました。
もし2話でやってくれるなら、教授のまいったなあたりで切れるのかな、それだと後半が足早になり過ぎるかなとか思ってたらそんな迷台詞迷シーンで切ったよスタッフ(笑)
この二人の、ほか二組と違う、うまくいくのかこいつ等という感じが好きすぎてたまりません。でもメロメロになってからも好きだよ続編希望!(気が早い)

それにしてもえらくテンションがあがっている自分に、私なんだかんだでテロの二人が一番好きなんだろうなと思いました。
じらされまくってたのもあるかもしれませんが。

そんな訳でちゃんと感想は書きに参ります〜。
posted by ひとみ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

純情ロマンチカ 第8話 旅の恥はかき捨て

やっぱり寝台列車のやりとりが大好きです。多分5巻までのロマンチカの話で一番好きかなーと思うくらい好きです。
兄チャンも好きです。二人にとってはある意味最大の障害だと思うのですが、美咲のことが本当に大切なのはがっつり伝わってくる訳で。
でも、家族以外誰にもできない。と、結婚するまで云々はそんなん言わないでよ兄チャン…な、気分になります。

・この美咲のワガママを言えない、誰にも迷惑をかけたくないっていうのが、ずっとこの子の中に根付いているんだと思うと、ほんとどうにかしたってと思います。
・当たり前だバカぁが可愛い。
・美咲とウサギさんの電話のシーンは、ほかの方のところの感想でも見ましたがドラマCDに軍配があがりますね。でも、ばーかばーかは可愛いな。
・あと、ウサギさんに抱きしめられて、話聞いてる時の美咲の表情が可愛いです。くるくる変わる表情が。ていうか私可愛いしか言ってない。
・マリモについて力説するてんてーが好きです。
・こう、これだけ甘々で突っ走っといて、最後落とすのがやっぱりロマンチカだなーと思います。大好きです。


9話感想は明日にでも書ければいいなあ…(可愛すぎてどうにかなりそうでした)
でも心がどうしても10話に飛んでるので。
予告を繰り返しすぎなくらい見ています。やっとテロ…!
posted by ひとみ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

イラスト集

108ページ目が幸せすぎて、多分今月一ヶ月残業しまくっても楽しく生きていけると思いました(本気)
ありがとうございますありがとうございます中村先生。
(エプロン3人おそろいっぽい…ですよね?うあ、顔が変ににやけて、ほんとどうしよう)

ちゃんとした感想はまたあとで、落ち着いて書きたいです。


追記

とか言っていたら、本当にクソ忙しい一週間だった訳ですがなんとか終わりました。
そんな訳で多少落ち着いて感想をば。短めに。

上記の通り、最終的に108ページに持っていかれた感はありましたが、もちろんそれ以外もほわほわ幸せに見てます。
特に、カレンダー絵。
カレンダー…はまった当時、オークションで落とすべきか迷い、翌年も出ることを願って結局出なくてがっかりしたなーなんてのを、イラスト集を見て思い出しました。そんな訳で掲載されていて、すごくすごく嬉しかったです。
ミニマムな三人が可愛かったり、テロの二人もいてびっくりしたり嬉しかったり(カレンダーは二組だけだとばかり思ってました)、もっと井坂&朝比奈さんにびっくりしたり萌えたり、ウサギさんと野分の夢があまりにドリーミングで笑ったり可愛かったりで、大変満足です。
カレンダー以外にもはじめて見たイラストは勿論いっぱいあり、きっとしばらくは時々取り出して眺めます。にやにやしながら(きもい)
あと、描き下ろし漫画もロマンチカの二人の日常(ちょっといい話)っぽくて楽しかったですが、その前の6人+1の挨拶からはじまる中村先生のあとがきが妙に好きです。
インタビューとか、漫画の後書きとかからしか人となりを伺う機会はない訳ですが、そういうので触れる度にやっぱりこの方好きだなーと思います。
これからも応援していたいなと思い、そして本当に108ページはありがとうございますの気持ちでいっぱいです(何度でも言います)
posted by ひとみ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

純情ロマンチカ 第7話 可愛い子には旅をさせよ

(※タイトル間違えてましたー申し訳ない)

いつかこんな日が来るだろうな…とは思っていたのですが、ついにきてしまいました。
……8話録画し忘れた、よ。おおおおおお。まあ今までもどの番組でも必ずあったので、目標はここから立て続けに忘れないようにすることです(それもやっぱり今までのパターン)
とりあえず東京MXの放送を忘れないようにしとこうと思います。
そんなわけで、ほんとなら7、8話まとめて感想書こうと不精なことを思ってたのに無理だったので、7話の感想を。今更ですが。

恋人ってなんぞや?でぐるぐるしてる美咲が可愛いなと思います。
対井坂さんでぐるぐるしてる美咲も可愛いなあと思います。原作でも思ってました。大好きです。観覧車も好きです。

・相川さん動き自重(笑)
・恋人?で、音楽が歪んでいくのが楽しい。
・前半の家の中での風景というか、色使いというか、綺麗で好きです。ていうか今回の話の絵のトーンが全体的に柔らかくて好みです(いや基本的に全話優しい色使いだと思うんですが)
・取締役来たー!
・DVDCMは相川さん宣伝ver。相変わらず苦労している様子。でもきっと宣伝は楽しんでやってると思う。
・井坂さんと秋彦さん。世の中にはこの二人のカップリングのが萌えるというお嬢さんもいるだろーなーと思う。それ以上に朝比奈さんと井坂さんに萌えるお嬢さんもいると思う。私は後者です。
・猫つかみ可愛すぎる…よ。
・観覧車大好き。美咲が喋ってウサギさんが噴出してしまって、嬉しそうに笑う流れが大好き。二人とも可愛いんだよ。音楽も好きだ。きゅんきゅんしました。
・オチも好きです。

見る手段はある気がするけど、続きは月曜まで待つ…待つさ!

そして9話の予告映像に嬉しさと困惑が同時に来たんですが、どうすれば…ていうか今更ですが何話が最終話なんでしょうか。
(普通に考えると1クールで6月末までですかね?)
posted by ひとみ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

純情ロマンチカ 第6話 禍転じて福となす

結構過ぎてしまったので、簡単に。

・なんか1話目ぶりにはずかしかった。自分の恥ずかしさのツボがよく分からないんですが、とりあえず最高潮は教授がチューしようとした時でした。ぬおお。
・今回これ削られて残念だなぁ、ってシーンとか台詞とかがちょっと多かったのですがそれは言っても仕方ないんだろうなと思います。
・手紙エピソードは最強。
・つーか手紙の内容が出たよ。寝顔かよ!写真かよ!あーもう好きなんはよく分かってる。
・野分のヒロさーん!が好きです。
・お出迎えの時のヒロさんが好きです。
・オチがこれだと、野分が無駄に黒く見えます。ありがとうございましたって笑顔で言うな(笑)


DVDとかも楽しみっちゃ楽しみなんですが、今一番楽しみなのはイラスト集です。
公式サイトの週報見ましたが、うんやっぱりアニメ絵も良いですが、中村先生の絵が好きだなーって思います。はい。
posted by ひとみ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

純情ロマンチカ 第5話 会うは別れの始め

最後の愕然とした野分の表情にどうしようもねーくらいドキュンとしたんですが、どうすればいいですか。

いやどうもしなくていいよって感じだとは思うんですが(笑)
…おかしいですね、原作読んだ時教授が邪魔で仕方なくって(次回分も合わせて)、このおっさんどーにかしろよくらいに思っていたんですが、今回アニメ見て教授GJとすら思ってしまいました。いやもう最後の野分の表情が(ry
この話の、三角関係とまでいかない、ヒロさんを間に挟んだ3人の形が妙に好きです。
ていうか私エゴは、どっちかっていうとヒロさんにS心をくすぐられる方で、この人グルグルしてるとほんとに可愛いなあと以前から思っていたんですが、最近どうにも野分の方にその傾向が出てきたなーと、5話を見て改めて思いました。
必死だったり、愕然としてたり、ショック受けてたり、そんな顔にぶっちゃけ萌えます(こいつは…)
まあグルグルしてるヒロさんが可愛いのは変わりはしませんが。

とまあそんな自分のエゴ感は置いときまして、今回の話は大好きだけど苦手で、あまり読み返してもおらず(多分二人のすれ違いっぷりが悲しいのと途中が痛いからなんですが)アニメもちょっとドキドキでした。
でも改めて見ると完全に好きの気持ちの方が大きくなりました。
ヒロさんと野分が好きです。最近もっとヒロさんが好きです。
そんなわけで、ちゃんと2話構成にしてくれてスタッフさんありがとうございます!3話が綺麗に原作1、2話まとめてきたもんだから、この話も1話でまとめられたらどうしようとちょこっと心配してました。
とりあえず来週分も楽しみです。

あ、ちゃっかりロマンチカの二人も可愛かったです。美咲君は鈴木さん帰ってきても抱き枕になってればいいと思います。
キャストの順番も、ちゃんとエゴイスト仕様になってました。GJ。

ああでも教授見てると早く忍チンが見たくてたまらなくなりますね…。いつなのかなー。
posted by ひとみ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。