2008年04月30日

真田が好き過ぎてヤバイと思う

今ブログを見に来ている方の需要からは外れてるだろうなと思いつつ、OVAゲットしてあまりの楽しさに書かない訳にはいかないというか、ただ単に書きたいだけです。

私、真田を愛してる!いや立海を愛してる!!いやテニスの王子様を愛してる!!!という気分に改めてさせてくれた、テニスの王子様OVA全国大会篇ファイナルvol0の感想です。

アニ○イトで買いましたが、まず初回特典のファイナルシリーズ収納BOXの絵にその場で崩れ落ちそうなりました(事前に絵は知ってはいましたが、実物見るとほんとかっこいい…)これは立海ファンは買って損ないと思いますが、5人しかうつってないのが残念です。
本編、テニスの王子様もとい焼肉の王子様。
実はこのへん本誌で掲載中、再燃前だったんでちゃんと読んでなかったんですが、面白すぎてどうしようかと思いました。はっちゃけすぎ。キャラ壊れすぎ(笑)
大石の奉行っぷりには、思わず『俺の嫁が…』とか呟きそうになりましたが(嫁じゃねえよ)そんな大石も好きだ。好きだけどあれはうざい。
コメンタリーの、あれ大石じゃなくて中の人だよね論に笑いました。
他校も可愛いなあと思っていたら、氷帝の登場に吹きました。さすが氷帝っていうか跡部様。
タニシ様の存在感の大きさに嫉妬しつつ、焼肉が食べたくなりました。
宍戸さんと長太郎のやりとりに笑いながら萌えました。先輩かっこいいい。
『コーラ』のリョーマが好きです。ていうか皆川さんの演技が神過ぎると思うんだ。そしてスミレちゃんの登場シーンには、スタッフ力の使いどころ間違ってると思いました(笑)

予告はS3のお父さん念願の対決の2人が2人ともかっこよくてどうしようだったのと、D2の柳の開眼に目が釘付けです。参謀…!
ちょっと最後の方の演出に、寂しくなりましたが。でも12月とかまではOVAの楽しみがあるんだと思うと、まだ寂しくなるのは早いかなと思います。
とりあえず、7月のvol1が楽しみです。

(タイトルの割りに真田について書いてないなと書き終わって思いましたが、好き過ぎてヤバイのは大概事実です)
posted by ひとみ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

ふらふらっと

今日(というか日付変わったので昨日)は、病み上がりにも関わらず夕方家を抜け出しアニ○イトに行き、青学三代目のサポーターズDVDを購入して来ました。
ずっと欲しかったのもあるんですが、本誌のバレをちょっとだけ見てしまい、一気に寂しくなったからってのも原因な気がします(笑)
DVDの感想はまたちゃんと書きたいです。すごく良かった。


朝起きて本誌読むのが、ちょっとだけ、怖いです
posted by ひとみ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

Be cool

とかでよかったか?
冷静になれ。

ちょっとバタバタしててネットにつなげるのも久しぶりになってしまいました。あー、ありえない。あと数日でこのバタバタも終わる予感(はやくおわれー)
でもそんな中、今週のジャンプの幸村の「冷静になれ精市」がどうしようもなくツボったので、ついついブログを書いています。
こんなこと考えるんだ幸村。いい、なんかすごくいい。
リョーマの追い上げはないとおかしいので、ショックでもなく―――嘘です多少はショックですが。できるなら幸村に勝って欲しいと思いますし。
ただ、まだ一波乱くらいあるんじゃないかと、勝手に思ってます。
真田がそんな感じで、手塚に追い上げられてそのままあっさり負けるかと思ったらそうじゃなかったみたいに。
何か幸村の方でも、展開があるといいな。
それが真田や立海メンバーとの絡みで生まれるものなら、言うまでもないですが…どうなんですか、このみせんせー!
何が起こるか分からないテニプリを、最後まで楽しんでいようと思います。
posted by ひとみ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

それじゃまたね お疲れ様

ミュが昨日千秋楽を迎えたということで、出演者、スタッフの方達には本当にお疲れ様でした。
今回結局4回行き、もっと行きたかったなと思いつつ、でも堪能できたと思います。
今回の公演で立海はますます好きになり、比嘉可愛い…と思い、青学も良い学校だと改めて思うことができました。
DVDの発売が今から待ち遠しいです。

でもって千秋楽のレポを読んだり、ブログを回ったりして、またあの8人で舞台立って立海して欲しいなと思いました。
立海が好きで、今の立海メンバー8人がやっぱり好きで。
本当に、本当に立海を演じてくれてありがとう。




でもこれでミュの立海も主な出番は一旦終了で、原作ももう少しで終わりなのかと思うと、本気で寂しくなるんですが。
再燃しなきゃ良かったとは思えないのですが、やっぱり寂しいなあ…。
posted by ひとみ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

WJ(テニス)

朝会社に行く前に立ち読みしたら、会社でも時々幸村のことが浮かんでしまい、なんか一日中鬱な感じでした。

それなんてだめ人間。


まず突込みから。

・あれ多分医者じゃないよ。絶対似非だよ。そうじゃないとあの言い草はないだろう。
・ラストの幸村さんは最早テニスができる様になる引き換えに、悪魔に魂を売ったかのようでした。



まじめ?な感想

読んだ後、時系列がよく分らなくなってしまったのですが、倒れたのが冬で、病院の屋上に皆でいたのは春かな。皆冬服で、でもマフラーはしてなくて、病人が外にいても大丈夫なくらい。
で、関東大会決勝前に『弦一郎、トラブル発生だ』や『苦労をかける』とかがあって。『負けてはならんのだ、たとえ草試合であろうと』があって。
関東大会決勝当日『もう迷いはない』がある訳ですよね。

だから、その時点で幸村は全てを乗り越えていたんだろうなと勝手に思っていたのですが。
あれ?あのテニスはもう無理だろう云々は、まさか手術後ですか。そうなんですか?
…ちょっ、それ、そうだったらきつい。
それを聞いてしまった幸村は当然ですが、その幸村にテニスの話をするなと言われた皆もきつい。それも関東決勝で負けてしまって…っていうタイミング。

えーと、つまり、もう迷いはない〜やら、だから俺は(俺は)行くよ〜の後にあれがある訳ですよね。(ミュネタ)

幸村のテニスができなくなるかもしれない苦しみ、恐怖っていうのは何度も読んだ気がするのですが(二次創作で)、それが関東大会決勝後に来るとは、こう来たかコノミ先生!としか言いようがありません。
負けの報告の時なんか、静かにお疲れって微笑む幸村か、それこそ病み上がりなのに部長モードな幸村か、覚悟は出来て(ry と拳を握り締めて笑う幸村かぐらいしか想像してませんでしたよ。

そしてこの数日後に、振り返るな過去は忘れろ〜があり、『みんな動きが悪すぎるよ!』があり、降臨する王者がある訳です。(もう一度ミュネタ)
おそらくそのあいだに、40.5巻で明らかにされた弱気になった幸村への真田の鉄拳制裁がある…?それはもっと前でしょうか。
うわあそれ、見たいような見たくないような。
それにしても密度濃いな。


できるなら立海に勝って欲しい3連覇して欲しいと思うものの、ここまで3連覇が呪縛のようになっているのなら、負けて解き放たれてリセットされるのもいいんじゃないかと思ってしまいます。

それで、高校で新たにリスタートってのもいいんじゃないか。

病室の外にいた立海っこ達には素直に、仲間っていいね…と思ってみたりしてます。
posted by ひとみ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

きしめんも食べました

もう先週になってしまいますが、テニミュの名古屋楽と前楽を見に、名古屋に行って来ました。夜行バスで行って帰るという無茶をしたら流石に疲れて、翌日は一日寝てしまいましたが。
(会社は、ばっちり有休を事前にとっておきましたとも)

せっかくその場所に居た人間としてレポなど書いてみたいと思っていたのですが、記憶力がない挙句にそもそも視点がえらく偏っているのでどうにもこうにも。
…だって真田と幸村がいたらそっち見てしまうよ好きだもん。
つまりカネサキさんとヤガミさんをずっと見てましたよ。別に混同しているつもりもないんですが…してるのかなぁ。でも原作の二人はあんな風に笑いあったりしないよなあ。
今回隣が多い感じなので、そこばっかり見てしまいます。またよく笑ってて可愛いんだよ馬鹿ー大好きだ(落ち着いて)

そんな訳で、もう次の場所での公演もはじまってしまってますが、名古屋20日のレポというよりタダの感想です。




・立海の最初の曲(振り返るな過去は忘れろ〜)は、カッコいいのに何故か印象あんまり残らなかったのですが、流石に(東京2回もあわせて)4回見たら印象残りもしました。かっこよすぎて死ぬ。ヤガミさん@幸村が一人白いジャージで目立ちます。かみのこ。
『引きずりおとせ』のところが振りも歌詞も無駄にかっこよくて怖いです。
・降臨する王者は、恋する王者に聞こえるといろんなところで目にしますが、私は最初、孤立王者に聞こえてました。立海、焼肉パーティーにも参加できんし…仲間外れ。

昼の部
・柳生と海堂の生着替えは、昼、夜ともに柔軟材ネタ?
・タニシ様の一部終了時のネタは、『沖縄のジョニー・○ップ』と言われていたのに、このままじゃ『ジョニーデブ』やさー!という、なんとも楽しいネタでした。
・各校挨拶、全員で手繋いで挨拶の後、リョーマ君→手塚の挨拶(これは最終日だからですよね?)のとき、三強あたりが凄い楽しそうにこそこそしてて、可愛い可愛い思っていて特に何もなかったのですが、これは夜の部への布石だったんでしょうか。
・桃城役の子が、FGKSの時最初傍に来たんですが、その時客先から立ち上がって彼の傍に行く人が!うぇええ?と思ったんですが、結構お年の方で、多分おばあさんとかご家族の方だったんかなと思いました。珍しいもの見てびっくりしました。
本人もびっくりしてたみたいだけど嬉しそうで可愛かったです。
・その後はババさんが来ました。のりのりで面白かったです。
・舞台を見てみると、1階席に降りてた(でもちょっと離れてたのであまり見えなかったのですが)カネサキさんがもう舞台に上がって踊っていて、そこに帰ってきたのは2階席にまわってた人たち。ヤガミさんがぽんっと舞台に飛びのって、二人で肩組んで踊ってて、もうそれを見ただけで名古屋に来たかいがあったと(安いな)


夜の部

夜の部の時も、三強あたりがこそっと笑いあってたりして、ぎゃー可愛いなおいとか思っていたんですが、恒例らしい国光ですの後、三人コケずに堂々と立ってたかと思うと、皆立ちはじめた途端おもむろにゆっくりと体育座りはじめる三強!つうか三強+元気君(もしかしたら他の子達もしてたんかも)
でかいくせにちまっとしたんが笑いあっており、眼福でございました。

後、これも楽日恒例らしい、FGKSの後もう一度幕が上がってからの各校部長挨拶。
比嘉のキデエイシロウ役さん、と紹介してしまったリョーマ君も可愛すぎで、その後の『比嘉中〜!』「はいでー!!」も楽しかったのですが、その後のヤガミさんのグダグダっぷりが印象に残り過ぎています(笑)
ルークさんに、神の子と紹介されて一歩前に出るも、話すことが飛んでたり、客席からの幸村〜!の声に照れてるのか困ってんのか、戸惑ったように「…は〜い!」つってたり、手は常に前だったり、何度も後ろ気にして助け求めるみたいに振り返ってみたり、…なんか乙女のようでした。
踊ってる最中の最強最凶っぷりとのギャップが凄まじい方ですね。
名古屋の方言を一つ紹介します。というので、友人にテニミュをすすめる時は、『テニスの王子様ミュージカル、見てみりん☆』って言ってみて下さい。
いや、☆は言ってないんですが、付いてたと思う絶対(笑)
その後立海の締めも、一歩下がったとこにいた他メンバーが前に出てきてくれなくて、「…やろーよ」とか言ってんのが、すごく可愛かったです。はい。
『常勝!』「立海!!」言えたのが嬉しかったです。でももう常勝じゃないよね。…過去は忘れろ〜(笑)
その後は、ヤガミさんに「無駄な…」と紹介された無駄に男前な佐伯さんの挨拶があり。
その後は青学のフォーメーションBからの、『青学!』「ファイッ!!」
で締めかと思いきや、ルークさんの挙手(しかも、ビシッと腕を伸ばした挙手)と『皆でやりたいです!』の言葉に皆でやることに。
これは自分たちがやりたかったのもあるかもしれませんが、比嘉や立海の時みたく合いの手を入れられなかった客席のためだったんかなーと思うので、好感度アップでした。

その後は本当にグダグダ。舞台上なのにグダグダ(笑)でもそこがいいんだろうなぁと思いました。
なんというか、それが許される空間というか、望まれる空間というか。不思議な魅力ですね。
立海が円陣組んだら(生で見れてめっさ嬉しかった)他校も組んで、青学三人組も3人で組んだり、1人だけな佐伯さんは立海の輪に引っ張りこまれて(引っ張ったのカネサキさんだった?)真ん中に入れられたかと思うと立海陣の足の間からしゃがんで出てきて1人で『ファイッ』やっちゃったり…。カオス(笑)



やっぱりもうあやふやなので、DVDが待ち遠しいですものすごく(気早いな)
でも勿論その前に、残りの公演もう怪我や病気のないように、無事に笑顔で終われますように…と祈っています。
posted by ひとみ at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

2.5次元

ビバ2.5次元という訳で、真田と幸村のというか、カネサキさんとヤガミさんのベストアクターズCDを買ってきました。
実は金曜日会社の忘年会だったのですが、適当に言い訳をして一人池袋に行って、その後忘年会に参加した訳です。
全く参照する必要はありませんが、昨年のこの時期の忘年会の時もおなじようなことをしてブログに書いています。変わらなさっぷりが、いっそ気持ちいいです。
聴きました。
以下、(真幸的に)腐った感想。

前半は3次元萌えで、後半は2.5次元萌えでした。
私は真幸大好きですが、あ、幸真も好きですがテニミュは前者かなとかなんとなく、流石にあの最初の3曲を真幸〜とは思えない…というより(一曲目はまだいけるか。でも恥ずかしい)想像力が追いつかないです(笑)
思ってもいいのですが、真田がホリデイとかカフェテラスとか言ったらそれだけで大笑いできます。
じゃあ何かというと、結局3次元の(ry(すいません、正直嫌いじゃないですそっちも)
後半の、非情のテニスから後は、おお真田と幸村だわーと思いました。
でも真田と幸村だと考えると、やっぱり恥ずかしい訳ですが。
特に君を信じてるの真田パートの、怖くないよ お前の思いに〜あたりからの声がすっげー優しくて愛しげに聴こえてなんかもうヤバかったです。まあ歌詞は元々ヤバいと思ってはいましたが。
これで唯の友情なんなら、なんと言いますかすっげー罪作りだな二人とも!
カネサキさんの全力全開!って感じの歌い方も、ヤガミさんの優しい歌い方も(非情のテニスは男前でしたが)両方好きです。そんなこんなでかなり楽しめましたが、全体的に恥ずかしかったです。
そういえば、最後のメッセージは聞いてません。
…だってどう転んでも居た堪れなくなりそうな気がするんですが。あの、数年前氷帝のD1コンビが大好きだったあの頃、二人のCDのおまけを聞いてコンポを叩き壊したくなりましたが、あれの三次元バージョンって破壊力増してそうな気がします。
気が向いたら聴きます。はい。


あと真幸前提で、原作の幸村とアニメ(含OVA、ゲーム)の幸村とテニミュの幸村が話すれば面白いと思いました。
真幸前提なら皆真田のこと好きなはずなんだけど、絶対に表現が違うと思う。どっかにそんなサイトはないでしょうか。

そんなことを真顔で書きつつ、今日は昼から友人と遊ぶのでさっさと寝るとします。上野の美術館行って来ますよー楽しみ。
posted by ひとみ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ドリーミング

願望が形になったのかは微妙なのですが、立海が優勝する夢を見ました。
微妙というのはD1で勝ってしまったからで、幸村はリョーマに、俺達の勝負は○○(何かの試合名ぽかったです)でつけようと言ってました。
目が覚めて、このみ先生なら何が起きるか分からないとはいえそりゃねーだろと思いましたし、優勝は嬉しいですがここまできて幸村の試合が見えないのも悔しいです。
そういえば某サイト様で早売りジャンプの感想を読んだのですが、その感想のみで大爆笑できたので明日がとても楽しみです。『プギャアァーッ』が気になって仕方ありません。
明らかにテニス漫画に出てくる擬音じゃねーよな…。

夏公演のDVDも買いましたよー。まだバックステージ映像しか見てないですが、皆キラキラしてて凄い可愛いなーって思います。
公演見に行った時は、ほとんど立海陣しか目に入ってなかったんですが(笑)DVD見ちゃうとみんなかわいいし、この子らがやってくれてよかったなーって思います。
本編の方もゆっくりじっくり見たいと思います。

がけっぷち〜ぎりぎり〜♪
posted by ひとみ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

グッズ

もう今週も半ばの話になってしまうのですが、会社でどうにも嫌なことがあり(ただの自己嫌悪ですよ)、これは気分転換に買い物をしないと。どうしよう新宿で秋冬物か池袋で乙○ロードかと天秤にかけた結果、後者に傾いたので池袋に寄って帰りました。
かけるまでもなかったんじゃないかなどと言ってはいけません。

まんだらけに行き、その後は久々のアニメイトです。
真田GENICHIROHのドッグタグペンダントを買いました。
なんかパッと見はテニスのグッズには見えませんが、よく見るとちゃんとプリンスオブテニスと掘られてますし、裏には真田の名前や誕生日血液型が書いてあります。
箱の絵は帽子なしの真田です。普通に男前でしかも真田のくせにあまり老けて見えません。使い道などある訳がないのですが、いいのです。
そしていまはテニヌもといテニスの王子様フェア真っ最中。
もっと買わないとダメなんだろうなと何とはなしに思っていたら、好きなキャラクターのカード(?)を選ばせてくれる様子。
ほとんど躊躇いもなく真田(3等身ver)を選んだら、店員のお姉さんが生暖かい笑みを浮かべてくれました。
うん、真田大好きですから!(嘲笑じゃなさそうだった分だけ良しとします)

・・・あああ、恥ずかしかった!買う前も実は色んな棚の前を無駄にウロウロしてしまいました。何やってんだ私。

それでも、マイナスだった気持ちに羞恥心がプラスされると、何故か気分は上を向きました。
ほかにも買ったものの話は、また別のカテゴリで。
posted by ひとみ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

夢の中へ行ってみたいと思いませんか

昨日はコミックシティに行ってきました。
ミラージュのプチオンリーがあったのでミラ友さん達に会い本を買い、テニススペで、真幸、幸真、立海オール!と漁りました。
幸真はほとんど無かったですが(涙)
真幸は、基本真田がヘタレで幸村にやり込められてて幸村が男前でなんぼだと思うんですが、だからこそ幸村がちょっと可愛かったり真田のこと好きだったりすると、それだけで幸せ気分になります。そんな自分はどんだけ真田のこと好きなんだろうと思います。
幸真は、もっと分かりやすく幸村が真田のこと好きなイメージがあります。こっちも大好きです。
真幸だろうと幸真だろうと真田は、面白おかしい堅物な中学生に見えない中学生で、カッコよくて可愛いと思います(盲目)
posted by ひとみ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

wj感想

ものすごいところで終わりましたが、たとえ乾がレクイエムにのってお亡くなりになってしまったとしても、「乾の死を無駄にする訳には行かない!この試合必ず勝つぞ!」「(空の上から)見ていて下さい、乾先輩…っ」とか言って試合は続行すると思います。
今回王道バトル漫画を赤也と海堂に見てしまいました。
結局デビル化は赤也オンリーではなくキッカケ(と素質)があれば、テニス界のキャラなら誰でもなりうるものってことで。
ただそこに行き着くまで過程が、赤也の場合が怒り+『ワカメ野郎』だとしたら、海堂の場合は怒り+先輩(他人)を守りたいと思う心なんだろうか、と。超サイ○人になるきっかけが、悟空とベジータでは違っていたのを思い出しました。
しかもデビル化を止めた乾に不覚にも私は感動しかけました(なんてヒロインポジ
止めもせず静観してましたもんね柳、っつうか立海側。むしろ推奨。
そのへんは別にデビル化したからといって、赤也本人と味方に害はないからってのもあるのかなとも思うのですが。残虐性etcが増して、相手チームに害は出まくりですが。
『別に赤也が切れやすいのはいつものことだしね…』って感じなんじゃないかと思います。乾が止めたのは、『そんな海堂(俺は)見たくないんだ!』ってことでいいんでしょうか。

ほか。
・リョーマがまともに可愛くて困ります。
・もはや進化なのかなんなのか。
・乾フルボッコ。
・走馬灯のようによみがえる思い出。
・最後の海堂の叫びに燃えた。

立海の優勝をありえないだろうと思いつつ願っている私でも、このD2青学を応援したくなってしまってます。でも真田の時も途中まで明らかに手塚派が多かったのに、終盤で分からなくなった気がしたので、今後の展開に期待したいところです。
※特にどちらのファンサイトでもない人達の感想で。


と、長々書きましたが、今週のテニプリはコンビニで立ち読みしかけてこれは駄目だと購入し、家に帰った後、最初から最後まで声出して笑いながら読みました。
すっげー破壊力でした。
posted by ひとみ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

立海カプ色々

原作とかアニメとかゲームとかみゅとか、そのへんを下地にはしていますが、あくまで同人的な語りなので、苦手な方は避難して下さい。
日曜の夜、ただつらつら書きたくなったので書いてます。



○真田と幸村

相変わらず好きな二人です。が、自分が今まで好きになったカップリングとは若干ズレている気がします。
某サイト様で、ある意味主従関係っぽい二人と仰っていて、もしや私も主従萌えなんだろうか…と考えたのですが、なんかちょっと違うような。
私の主従萌えは下剋上(notひよ)がほとんどなのですが、例え真幸でも真田の下剋上という感じは全くしないしなーと考えて。幸真だと言うまでもなく。
つらつら考えていたら、ああツートップ萌えかもしれんと、最近思い当たりました。
幸村のチームのトップとして冷静にチーム(の勝利)のことを考えてそうなところとか、勝利のためには手段選ばない感じとか、見た目に反して漢で毒舌なところとか、結構人当たり良く計算して動いてそうな感じとか。
真田のそのチームの顔っぽい面があり、熱くて真っ直ぐなところとか、とことん真っ向勝負なところとか、若干他人とズレていてそこが可愛いと思えるあたりとか。色々意見言っても結局はトップの意見が通るあたりも(笑)
正反対で、こいつら同じチームじゃなかったら仲良くなってないだろうなと思ったり、同じチームでもどんな会話してるのかあまり想像つかないあたりとか。
でも、この二人が組めば最強っぽかったり、一つの目標のために力合わせると相乗効果で力発揮しそうなあたりが。多分お互いに最大の信頼を捧げている(と思いたい)へんも。

と、なんだかんだで愛している某グループの上二人と重ねてみたりする今日この頃ですが、自分的萌えはそのへんにあるのではと、結構本気で思います。
ただ、ほかにも美女と野獣もえーとかそのへんもあるかもしれません。樺跡とかタカ不二とか好きなので。最近の原作展開から昔馴染とも判明しましたし、今後の本誌の展開によっては色々変わる要素があるとも思います。
そもそも幸村の描写が少ないので、いまのところなんとも言い切れないのが事実なのかもしれません。
でも幸村の内面が明かされる頃には、テニプリ終わるんじゃないかと思うとそれはそれで寂しい感じです。


カプ色々と書いておきながらあれですが、とりあえず切って多分また続きます。
posted by ひとみ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

wj感想+α

真田が普通に立ってたことにほっとしつつ、おいもう大丈夫なんか回復はえーなと突っ込みながらも、でも心配だから座っとけよ。と色々思う今週号。
まあやせ我慢かもしれませんが、大丈夫と信じてますテニスだし
柳の猛獣使いっぷりに吹きそうになりました。でも確かに礼儀は大事です。いまいち何が良くて何が悪いのか分かりにくい世界感ですが、対戦相手の眼鏡を踏み潰すのはNGな様子。ひざかっくん可愛い。
最後の海堂に青学の反撃がはじまるんだろうなとドキドキしつつ、やっぱり来週を待ってます。
サーフィンのカードの真田と幸村を見て、この二人の組み合わせ好きなくせに、仲良しという言葉に凄まじく違和感を覚えました。が、ちょいちょい感想読んでたら皆さん似たようなもんだったみたいです。なんだかな(笑)



ところで、この夏年甲斐もなくテニミュにはまった私ですが、演じている人達には特に興味はありませんでした。
ちょこっと例外で真田役のかねさきさんが気になったりもするんですが、これはやっぱり真田だからだろーかと思ったりもするので微妙なところです。(でもあの笑顔と筋肉が結構好きだ、と思う)
しかし、先日ぴゅあぼーいず(テニミュのキャストが大半を占めるイケメンユニット?でいいのか?)の方達が歌う、1stシングル『乾杯/ジュテーム』のPVを見てしまい、結構本気で買おうか迷っている自分がいます。
すっげー破壊力でした。どの位って、見た翌日(つまり昨日ですが)振りつけを思い出して、会社で噴出すほどに凄い破壊力した。思い出し笑いはあっても噴出すなんて尋常じゃないと思うんですが、PCに向かってても、何かの拍子にふっと浮かぶんですよ恐ろしい。
しかも何度見ても笑いを耐えることができません。

見たことない人は、一見の価値があると思います→こちら

もう五寸釘打ってるようにしか見えない。
posted by ひとみ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

くらくら(ぷちWJ感想)

柳にくらくらしております。
かっこいいなー。美人さんだなー。そういえばアニメのこの人の声はえらい美声でしたね。でもテニミュの柳は可愛いと思います。
…最強?
あとリョーマがちゃんと中学生で可愛く見えてきて困ります。
それにしても、この試合結構圧倒的に見えるんですが、ここから逆転劇になったり追い詰められたりするんでしょうか…?
んー。決勝だしテニスだしなんかあるんだろうとは思うんですが、想像がつきません。赤也まだデビルモードになってないしな。
全体攻撃しとるし。

このみせんせーがどうくるか期待しつつ、来週を待ちます。
posted by ひとみ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

びっくりした(WJ感想)

いやそんなありがちな言葉で表現していいもんか分かりませんが。
ほんと何が起こるか分からない。
記憶喪失ってあれですよね、結構王道ってかべたなシチュですよね。
少女漫画とか、ドラマとか、二次創作とかでもよく見かけます。
でもテニス漫画に普通にはさまれてくるとは思いもしませんでした
許斐先生(テニプリ)の展開は予想がつかないと知ってる読者でも、かけらも考えはしなかったでしょう。
記憶喪失なリョーマ君は可愛いですがギャップが少々怖く、跡部の言葉が読者の意見を代表していて、そしてそのまま試合は続行です。

え?続けるんですか?

流石です。
そしてD2は柳と赤也でこれまた想像の範囲外です。
シングルス、もう一人誰になるんだろうか。
でも先輩後輩対決ですね。乾・海堂vs宍戸・鳳を思い出したりして、ちょっと懐かしい気分に浸ってます。

真田戦が終わっても色んな意味で面白いので、とりあえず今週もWJ買ってアンケートでも書こうかと思います。
posted by ひとみ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

暑いですねぇ…

関東大会決勝へんから立海や真田がずっと好きだった方の感想とか見てると、こんなにわかファン(ほんとにな)が一緒に喜んでて申し訳ない気分になります。

関東大会決勝といえば、過去テニスにはまってた終盤の頃でした。リョーマvs真田戦で、当時真田に全く興味なかったくせに、負けてしまったことがやけにショックだったのをおぼえています。
別に真田がどーこーではなくて、その時はただ単に手塚が七人いるらしい立海に手塚抜きで勝ったりしたら『手塚の強さは青学内でずば抜けて凄い』という点における彼の存在意義がなくなるんじゃないかと思ってたり、流石に中学テニス界最強らしい皇帝に勝ったらおかしいだろういくらなんでもとか、全国には行ける訳だしそこでリベンジできるし、負けるよなってかそろそろ負けといた方がいいんじゃないか。
と、青学が負けると信じて疑わなかったんですが、勝ちましたからねー…。
そこまできてやっと、この漫画では主人公校は負けないんだと気付き、だからという訳でもないのですが熱が冷めてはや数年。
今更また他校にはまろうとは思いませんでしたよ。はっは。

そういえば手塚の存在意義云々書きましたが、別に手塚が跡部に負けても真田に負けても彼の強さというか存在は揺らがないなぁと思います。
負け方云々もあるのですが某サイトの感想で見かけた、手塚は負けても高みにいる(地に落ちない)気がするのが大きいんじゃないかと。
長い連載の中、彼はそんな位置にいるキャラクターだと思ってます。
…もし、あの命令口調な真田のボールへの叫びの後、真田側にぽてんとボールが落っこちたら、皇帝地に落ちるなんてもんじゃなかったでしょうからねー…。想像するだけで寒気がします。
(べ、べつに幸村に怒られるのが怖いわけじゃないんだからね)
(怒られるじゃなくて、虫けら見るような目で見られるとか呪われるとかでしょうか)
posted by ひとみ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

WJ(テニプリ)感想

まとまらないので、箇条書き。

・人生と書いてボールと読む。なんてテニス。
・子真田!子幸村!!ありがとうございますこのみてんてー。
・真田の帽子のかぶり方が宍戸さんかぶりで大変愛らしく、帽子が大きいのがまた愛らしく、幸村も小生意気な感じでえらい可愛いです。
・でもこの時はそこまで手塚との間に実力差あったんだなー…努力して努力したんだね(ほろり)
・1年生の3強はどこに行っていくらだせば買えますか(マジ)
・あの真田の頭をぐりぐりしたい。
・それにしても1年の時はそれなりに年相応で、2年になってやけに精悍になって(普通にかっこいいと思う)その後なんであんなに老ける成長するんだろう。
・でもそんな今の真田が好きです。
・手塚だって必死だよね、分かってる。分かってるんですが。
・『向こうに入らんか―――っ!』
・気迫で入っちゃったYO!
・はじめて見た時は笑っちゃったんですが、でも3年間がつまった声だったんだと思うと、あとからジワジワきました。
とにかく、おめでとう真田弦一郎!!
・萌えと喜びをありがとうございますこのみ先生!
・まだ一試合終わっただけで、ほかの試合もまた再来週から心配になる訳ですが、今は何も考えず喜んでおきます。
・最後までベンチに堂々と座っていらっしゃる幸村に色んな意味でゾクゾクします。ああもう男前。
posted by ひとみ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

行ってしまいました

夏のお祭りです。
夏のお祭りというと自分的デフォはスマライブな訳ですが、どうやら今年は違うようで(秋もないのかな〜…)
テニミュに行ってきました。
ええ某所で勢いに任せて落としましたよ。こんな時一応金稼いでる身分で良かったと思います。と同時に社会人のオタはこれから際限ねーよなーと我ながら思います。

そんな初テニミュ。
燃えどころが多すぎて、最早まともに覚えちゃいないのですが(笑)
とりあえず、真田ばっかり見てました。
繰り返しますが真田ばっかり見てました(どんだけ好きか)
テニミュに本誌効果か、いま愛が偏り過ぎててそんな自分が若干キモイです。

でも立海も青学の子(子?)達もみんなカッコ良かったし可愛かったです。
立海贔屓なんで青学勝つと悔しいんですが、でも喜んでるとこ見ると可愛いなあと顔がにやけます。だって皆可愛いんだもん。
幸村が出てくるシーンは、突発的な笑いの波と萌え〜な気持ちが別方向から襲い掛かり、体力を消耗しました。
だってストレッチャーが。ホラーが(笑)あれはまわりでも笑いがおきてたんですが笑いでOKなんでしょうか。
真田の試合が始まる時の二人の歌も、これは別々の場所にいるのに相思相愛と捉えますがいいですかという腐った気持ちと、やっぱり笑いが襲い掛かり全くどうしたものかと。

もう一回見に行くので、その後にちゃんとした感想を書ければなと思います。
実は今日はそれとは別にもう一つ幸せなイベントがあり、そっちに関しては明日あたりにでも。
posted by ひとみ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

せっかくカテゴリ作ったので

テニプリで好きなキャラ。

青学:大石
氷帝:宍戸さん
立海:真田

・・・あんまり関連性がないですね。
なんで宍戸だけ宍戸さん呼びなのかっていうと、そりゃ宍戸さんは宍戸さんだから(某後輩に毒された感じで)
大石はかなり初期から好きでしたし、氷帝はまってからは宍戸さん大好きで、この二人なら『努力の人』ってのが全面に押し出されてる人達な気がするんですが、真田はそのカテゴリじゃない、ような。
別に努力してないなんてこたないし、そもそもあの漫画のキャラクターってみんなちゃんと努力(修行?)してるみたいだし。とんでもテニス感に騙されがちだけど、意外とWJ3大原則(努力・友情・勝利)を地で行ってるバトルスポーツ漫画だと思います。

話がずれましたが、真田は…なんでしょう。好きなんですが、好きの前に、面白いけどとかあほのこっぽいけどとかズレてるけどとか、そういう愛ゆえに突付きまわしたい言葉がつきまとうあたりは跡部系?だろうかと思ってみたりしてます。
そしてずれたままですが、眠いのでこのへんで。
posted by ひとみ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

カテゴリが増えました

今週のWJのテニプリの真田を見て、この子が負けたら涙ぐみそうと思ったあたり、そーとーやばいだろうと思い、いっそのことカテゴリ増やしてみました。
何がどうなってここまで今燃えあがってんのか分からないですが、そもそも燃え(萌え)というのはそんなものなんでしょうきっと。原作の真田もアニメの真田もテニミュの真田も全部好きです。可愛いと思います。多分これは馬鹿な子ほどかわいいの気持ちに似たようなところがありますよ。

とりあえず、あの真田の判断がテニスっつーかむしろバトル漫画的に真っ向勝負を避けたことになったとしても、その判断は間違ってないと思うし、それを示した幸村も正しいと思います。
手塚はまだ死んでいない!には笑いましたが、幸村がとことん漢らしいです。流石最強部長です。
あー勝って欲しいな。いやもう負けてもいいけど…でも勝って欲しい。学生時代のように、どきどきしながら来週のジャンプを待とうと思います。
posted by ひとみ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。