2007年06月09日

おおきく振りかぶって 9話『過去』

注意
今回の感想には若干(?)の腐女子的感想が混じります



先週結構カットシーンが多かったけど、今週はどうだろう?と思っていたら、雑誌でも監督が『やります』と言っていた戸田北+三橋の決意、しっかり一話使って描いてくれました。
一番感動したのは、榛名の豪速球でした。これはアニメじゃないと味わえないよなと思います。
タカヤの声はどうするんだろ、変えてくるかなと思ったらそのままで。でもこれが、意外と違和感なし。中村さんがかんばってました。
で、うまいなあと思ってたのが、あの試合の後、つかみかかられた榛名の表情と声の変化。正直に怖かったです。松風さんは、ぴったり榛名ですね。
三橋はもはや存在自体が可愛いです。
(可愛いのにうざくて、うざいのに可愛いです)
でもかっこいい。特に今回、すれ違いっぷりのすさまじかった戸田北の後だからこそ、阿部の本心が分かった三橋はほんとにかっこよかった。
三橋が過去と(一応の)決着をつけた三星戦後の阿部の決意と、今回阿部の過去を知ったうえでの三橋の決意。
ある意味、ここからがはじまりなんだなあと思います。

作画も綺麗でなんかこう、作り手さん達の気合がすごく感じられました。
大満足です。





以下腐った感想。
つまり、ハルアベですが。

お…おかしいな。原作読んだ段階では、もちろん戸田北は可愛いくて切なくて痛くて。だから三橋が三星の皆と和解したように、いつか穏やかな関係になれたらいいなこの2人も。とは思ってましたが、そんな腐った色々(…)は思わなかったはずなんですが。

…あれれぇ。おかしいなぁ(こなん風に)

お前怖がらねえからよで頭ぽん(むしろ撫で?)も、よっしゃあ!なタカヤも、豪速球アピール(その前の目と目で通じ合う)も、試合後ダッシュで探しに来るのもその後の秋丸との会話も。
何よりその最後、あいつしか捕れなかったからな、の優しい声と表情が…(撃沈)
いや〜びっくりしたマジで。

これも声優さん効果でしょうか?だとしたら最近そんなんばっかです私(笑)
なんていうか、三橋と阿部は、妄想云々より見守っていきたいって感じなので、思わぬ燃料投下でございました。
posted by ひとみ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アニメ おおきく振りかぶって 第9話 阿部について考える
Excerpt: 9話の感想が、榛名寄りになりすぎたので(大人の事情とかがあって今後語られる機会がないだろうからそうなったのですが)、阿部についてもちょっと考えたいと思います。 阿部は、榛名に会ってトラウマを抱え..
Weblog: 出不精な俺
Tracked: 2007-06-09 12:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。