2007年05月20日

おおきく振りかぶって 6話『投手の条件』

せっかくなので、今回は原作と違うところを重点にと思い、原作と比べながら見てみました。
なんか、叶くんが三橋をえらいじっと見てます。
彼の中の三橋への複雑な気持ち(勝ちたい。いい投手。戻ってきて欲しい)がぐるぐるしてんのかなと思ったり。
サークルで待ってる三橋がちょこんと座ってて可愛いなあ。
千代ちゃんがいっぱい喋ってくれてうれしいです。
三橋のキョどり具合が…(笑)
クソレフトは原作に比べれば、間抜け度が消えてたというか、仕方ない感じになってました。でも阿部にとってはクソレフト(笑)
…だめだ、二人とも可哀想だ。
展開わかってんだけど、早く来週見せてください。
でも三橋がかっこいいよ!
予告の千代ちゃんにジーンと来てしまいました。いい子やね。
そうだよあんたは西浦のエースだよ。


久々にアニメ誌を買いました。
スタッフの方のインタビューが載ってるってことで評判がいいのを知って、キャラベリーズを。女の子のためのキャラクター誌というあたりに、いいのか私買ってもと思いながら買いました。
買ってよかったです。すごく真摯な方達が作ってるんだなあと思います。
私はアニメを多く見てる訳じゃないので、原作を忠実にアニメ化することとオリジナルな要素を多く含める(もしくはまったく違う展開にする)ことのどちらがいいのかは、はっきりは分かりません。
でも今回読んだお二人のインタビュー―――特に黒田さん―――は、原作に思い入れがある人にとっては最上と言ってもいいものなんじゃないかと思いました。
私なんかは、好きだけどそれほど思い入れがあるってほどでもなかったんですが、それでもこの人たちが作ってくれて良かったなあと思いましたもん。


OPのドラマチックもCD買おうか迷った結果、今回はダウンロードしました。
全部聞いてもいい曲でした。聞いてるといちいちOP映像が浮かびます。
歌詞はうたまっぷではまだみたいなので、こちらで。
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=53351
ところで本当に、「夏ってる」なんですね。いやもうびっくりしました。動詞でした。
えっとどう使っていきましょうか。たとえば営業で来てる業者の人に、「最近暑くなってきましたね」とか言われたら、「そうですね夏いですからね」とか返しましょうか。
それともやっぱり夏の大会がはじまって、高校野球大好きな同僚(数人います)に今回はこのチームがどうこうと話しかけられたら「夏ってるね!」と阿部君のように親指ピッと立てて返しましょうか。
(やりませんよ。でも楽しいな、夏ってる♪)
posted by ひとみ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42379164

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。