2007年05月17日

クレイモア

7話までのネタバレを含みます。

可愛いクレアの過去編(ていうかエンディングロールの一番上がテレサだし、テレサ編なんでしょうね)
クレアの可愛らしさと、テレサの強さ美しさにくらんくらんしつつ、ラキが出てこなくて最初は寂しいなと思ってたんですが、いつの間にやら引き込まれております。

やっとOPに出ていたキャラたちが少しずつ登場してきて、ああこんな人達だったんだーと分かってまいりました。
なんとなくテレサとクレア(現在)は似てる気がするんですが、今回出てきた4人が意外と個性的で、結構クレイモアも人それぞれなんだなと。
ライバル心があったり、人をおちょくる言動したり、理想を持ってたり。
ソフィアとノエルさんのやりとり、楽しかったです。
プリシラの声が可愛くて、言ってることも可愛かったり一所懸命に話しながら無表情なところがやべーこえーと思いました。

プリシラ(組織)の言い分では、人々の平穏のために妖魔を殲滅するのがクレイモアの存在意義。
でも今回報酬に関係なくテレサが人を助けて、街の人がすごく喜んでて。
いままでは見てても何故かあまり思わなかったんですが、本当に組織がしたいことってなんなんだろう。報酬はどう使われてるんだろう。
テレサはどうなるんだろう、クレアはどうしてクレイモアになるんだろう。などなど。

とりあえず続きが楽しみです。
原作が欲しいんですが、アニメ終わるまで我慢しようかなと思います。
posted by ひとみ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。