2007年03月26日

勉強しない人間

春分の日とほぼ変わらない一日を過ごしたことについて(苦笑)
昨日出社日だった分、ゆっくり休んでしまいました。

以下、最近買った漫画の感想なんかを。


○鋼の錬金術師 16巻
扉絵のアルフォンス様にときめいてみたり。
メイ・チャンいいキャラだな〜かわいくて好きです。(女の子みな可愛いと思いますが)
序盤から張られていた伏線が回収されつつ次のステージへ向かう16巻。荒川先生のコメントではありませんが、萌えとかではなくただただエド達が走る物語を見守るのみです。
前巻はイシュバールで軍部一色でそれはもちろん面白かったのですが、今回エドとアル中心に戻り、やっぱりこの二人だなと思いました。
元に戻った後のこと、互いのことだけじゃなくて周りの人たちのことまで考えて、笑顔が見たいって言ってくれて嬉しかったです。
暇な時に、1巻から一度読み直したい漫画です。

願わくば彼らが笑顔でラストを迎えられるよう。


○プリンセス・プリンセス+
次世代姫ということで、このあたりからは本誌を読んでいないので、新鮮でした。
今度の姫はツンとデレ。確かに。
あとがきで、「松岡君がつんけんしすぎて〜…」と書いてましたが、別にそんな風には思わなかったかな。この2人だと仕方ないかなという感じで。
でも仲良くなって大人の階段をのぼってからの2人も、一話くらい見てみたかったかもしれません。
相変わらすの旧姫3人も秋良と御鷹も元会長も、それなりに出ていて楽しかったです。
個人的に、有定元会長と元、姫の人が気になって仕方ありません(笑)
画集買ってたら笑ってやって下さい。


○すもももももも 7巻
一番の爆笑ポイント
『それなら僕はおかめを作り続ける 一生作り続ける』
『よく考えたらおかめ作りも十分カッコワリーよ!』
このコンビ、最…高(笑)!!

新キャラも登場し、相変わらず考士殿がもてまくる状態が続いてますが、この漫画ではそれが不快じゃないです。
大抵この手の展開では、『おおお、男が気にいらねー!つうかはっきりしろこのガキがぁ』ということが多々あるものなのですが。ついでにいうと、お相手の女の子達の中にもどうしても苦手な子が一人はいるものなんですが。
自分の中で、前は委員長派で今はもも子派という変化はあったものの、女の子3人(今4人?)ともまっすぐ考士のこと大好きで、それぞれの愛し方のようなものを持っていて、すごく可愛いと思います。

以下、楽しかったポイント。
・最近考士xもも子大好きなので、考士殿がもも子ちゃんに優しいだけで嬉しい。
・ゆで卵のトラウマを気遣う考士殿。
・一般人からくらい自分が助けださないと、とか思う考士殿。
・やっぱり頭脳派。
・もも子の一般人の友達をほのぼのと嬉しく思う考士殿。
・きょにゅう好き(笑)

・雲軒パパ、若いころかっこいい。まんま強い考士ですね。
・キミエさん!キミエさん美人!
・この二人も互いに明かせない、ほんのりラブがあったんでしょうか(今の姿だとあまり想像がつきませんが)

・どうしてもう○星の某キャラを思い出す、進太郎。
・健気で可愛くて、その分親父がムカつくのですが、きっと今後フォローというか変化があるんだろうと期待。
・『さようなら チューしてくれた人…!』なにこの可愛さ。
・委員長と仲がよくて嬉しいです。
・今回メガネ男子にもなった委員長。
・考士のことだけじゃなく進太郎のことも思って、行動できる彼女が好きです。
・ほんと誰か彼女を幸せにしてあげてほしい(天下なんでしょうか、最近の展開からいくと)
・いろはちゃんは今回出番少なかったので、次巻に期待かな。

肉体的にはまだ成長が見られない考士ですが、決闘なんぞで死んでたまるか、のコマの表情がえらくかっこよかったり、夢でのモノローグが精神的な成長を見せてくれて、今後に期待を持てます。
posted by ひとみ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画。小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36871403

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。