2006年12月16日

BLEACH映画

『MEMORIES OF NOBODY』を見て来ました。
以下、以前は結構好きだったけど今はライトなファン(と言えるのか)の感想です。ネタばれも含みます。
基本的に肯定的な感想だと思いますが、多少批判めいたことも混じりますのでご注意ください。





ほとんど前情報なしで、一応公式サイトとテレビで流れるCMを見ていたくらいなので、なんとなく悪い予想ばかりしていたのですが、想像より全然面白かったです。
でも折角なので、どうにもこれは・・・という点から。
・作画(時々えらい手抜いてるというか崩れてることがあったような)
・ラスト
ラストは賛否両論かな〜とも思うのですが、個人的にはリボンで止めておいた方がよかったと思います。

人気な死神達も適度に目立ちつつ、でも出過ぎることはなくて、ちゃんと茜雫と一護の話になっていてよかったんじゃないかと思います。
映画オリジナルヒロインの茜雫ちゃんは、かわいかったです。
最初ちょっと元気すぎる娘だな(^^;)と思いながら見ていたんですが(しかもルキア途中で別行動になっちゃうし)、振り回される一護はなんとなく初期を思い出させて懐かしい感じもするし、茜雫の明るい笑顔と小生意気な態度とは裏腹の切ない表情とか寂しさ恐怖心がギャップとなってていい感じだと思いました。
それに宣伝で出てきた、命をかけて大切な人を守る―――は、一護から茜雫というよりも茜雫から一護だったんですね。切ない・・・。
エンディングの前、お墓でのやりとりが一番好きでした。
(だからそこで席立っておけばよか・以下略)

今回一護の隣はほとんど茜雫ということで、出番も少ないのかなと思っていたルキアも、全然そんなことはなくて嬉しかったです。
袖白雪も綺麗だったし、ソウル・ソサエティ側でも一護側でも、どちらでもがんばっていたと思います。個人的に一護との絡みより、恋次との絡みに萌えました。恋次かっこよかったよ恋次!
最近キッズステーションで、また月と野良犬の回を見てしまい、やっぱりこの二人でいいんじゃねえ?というような気分になっています。約一年くらい前の日記にも同じようなことを書いています。進歩がありません。

閑話休題。
戦闘シーンもなかなか迫力あり、それぞれにかっこ良かったです。
特にかっこええ〜と思ったのが破蜂!夜一さんいなかったけど、ちゃんと戦ってばっちり勝ってました(当たり前です)
あと印象的なのは、シスコン兄さまこと白哉。
喋った瞬間どよめく劇場。私もどっから出てきたん思いました。
あまりシスコンとばかり言ったら、ファンの方に失礼な気がするのですが、今回ルキアを助けるためだけにあの場にいたような兄様は、えっと、すごく妹思いで素敵だと思います(笑)



死神だけが目当てでそこ以外はいらないって人や、一護が○○以外を守るなんて嫌、魂に誓うのは○○の時だけにしてよーって人以外には、ファンなら(ここ重要)なかなか楽しめるんじゃないかと思いました。
posted by ひとみ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29756668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。