2006年10月04日

新番組

いつまで続くか分からない(…)秋アニメ感想


・ゴーストハント

原作(小説):図書館でちまちま借りて読書中。あと四巻ほど残ってます。十二国記→屍鬼と読んだ後だったので、あまりの乙女チックな表紙にかなりひきかけましたが、読んでみるとなかなか面白く。巻を増すごとに面白さも怖さも増して、ああ十二国記書いた方なんだなとしみじみ思いました。
原作(漫画):文庫版を買ってます。続きはやく出ないかな。

オープニングも、エンディングも、予告もシンプル。綺麗だけどちょい不気味。
声のイメージは皆私的には、あってるなーと思ったので嬉しかったです。
一話目からちゃんと全員出てきて、ぼーさんが出てきたあたりで一気に(自分の)テンションがあがるから、我ながら分かりやすい(笑)
でも好きです。破壊僧。
ナルちゃんと麻衣のやりとりも楽しく、続きも見ようと思います。はい。


・ヤマトナデシコ七変化

原作:以前まんが喫茶で全巻読んで、それ以降は本誌立ち読み。

かなり面白かったです。
美男子(笑)のキラキラ〜も、たとえばネオロマ系だと、『これは笑うところじゃないんだろうけど…』という、失笑に近いものになるんですが、このアニメ(漫画)はもろギャグなので楽しいです。
原作も面白いと思いますが、アニメにして動きと声がつくとより楽しい作品なのかなと思いました。


posted by ひとみ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24889672

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。