2006年04月15日

コナン映画

名探偵コナン。
映画10作目とのことで。
いつの間にかこんな長くやってたんですね〜・・・すごいと思います。

コナンとマジ快は、私は原作カップリングが好きです。
新一と蘭ちゃん、服部と和葉ちゃん、快斗と青子ちゃん。
両親Sも好きです。

そんな私の視点による探偵たちの鎮魂歌感想です。
あまり長くないです。一応以下反転。


ほんとに、オールキャスト。
CM見てて分かってはいましたが、KIDもでるし服部もでる。
というわけで3警察出たし、和葉ちゃんも妃さんも出て。
当然、少年探偵団や園子ちゃんも出ました。
オールキャスト・・・あ、でも工藤家パパママはでなかったか。そういえば。

哀ちゃんがやけに可愛かったです。
CMで、『ごめんなさい』ってベッドに寝て具合が悪そうに言ってるシーンがあったから、なんか巻き込まれて怪我しちゃうんだろうかと思っていたのですが・・・演技かよ(笑)
しかも、その後の『ずっと傍にいてね』とか、可愛すぎてくらくらしつつ笑えました。
ていうか、今回あの場所で一人だけ事情知ってて(刑事さんとか除く)、平然としてましたが、本当は大変だったろうな〜と思います。

おっちゃん、最後あれは少し可哀想だと思ってしまいました。途中まではかっこよかったのに。妃さんとの電話は好きです。

あ、蘭ちゃんの空手と和葉ちゃんの柔道、見えて嬉しかったです。

服部君は相変わらず、工藤(コナン君)大好きだし(笑)
密着度高いし(爆)



そういえば私、ほぼノーマル好きですが、服部が工藤好きなのは原作設定ですよね。
服部→工藤は自覚ありの好意(not恋愛感情)で、服部→和葉ちゃんは恋愛感情込みの無自覚な好意だと思うので、いろいろ難しいなあと思います。
ていうか、蘭ちゃんにしろ和葉ちゃんにしろ、一度別の男と付き合ってみるのいいんじゃね?と思ったりしてみたこともありました。
最近は原作読んで無いし、アニメも見て無いのでよく分からないのですが、自覚・・・しないのかなあ西は。

まあ、色々、突っ込みどころは多い映画でした。
帰りに、私の目の前を歩いていたカップル(多分)の男性の方も、『でもジェットコースターが全速で走ってるところで、あんな綺麗にものとかキャッチできるわけないよな』(←ネタバレ)とつっこんでました。
うわ〜、野暮なつっこみするなあと、後ろで思っていた私ですが(しかも劇場出る前に)、彼女さんもそう思ったのか、すっごく機嫌悪そうにじとっと睨んで黙り込んでしまいました。
慌てて、『でも、かっこいいシーンだったけど』とフォローするのが妙に面白かったです(笑)

そんなわけでこの作品にありえない!という突っ込みは野暮だと思うので、そんなところをあげつらう気はありませんが。どうしても一つだけ。

映画後のオチが微妙。すごく。
どうせならここでKIDのことすればよかったのに。と思います。
というか、あの話の必要性の有無がよくわからなかったです。
posted by ひとみ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。