2008年06月11日

純情ロマンチカ 第8話 旅の恥はかき捨て

やっぱり寝台列車のやりとりが大好きです。多分5巻までのロマンチカの話で一番好きかなーと思うくらい好きです。
兄チャンも好きです。二人にとってはある意味最大の障害だと思うのですが、美咲のことが本当に大切なのはがっつり伝わってくる訳で。
でも、家族以外誰にもできない。と、結婚するまで云々はそんなん言わないでよ兄チャン…な、気分になります。

・この美咲のワガママを言えない、誰にも迷惑をかけたくないっていうのが、ずっとこの子の中に根付いているんだと思うと、ほんとどうにかしたってと思います。
・当たり前だバカぁが可愛い。
・美咲とウサギさんの電話のシーンは、ほかの方のところの感想でも見ましたがドラマCDに軍配があがりますね。でも、ばーかばーかは可愛いな。
・あと、ウサギさんに抱きしめられて、話聞いてる時の美咲の表情が可愛いです。くるくる変わる表情が。ていうか私可愛いしか言ってない。
・マリモについて力説するてんてーが好きです。
・こう、これだけ甘々で突っ走っといて、最後落とすのがやっぱりロマンチカだなーと思います。大好きです。


9話感想は明日にでも書ければいいなあ…(可愛すぎてどうにかなりそうでした)
でも心がどうしても10話に飛んでるので。
予告を繰り返しすぎなくらい見ています。やっとテロ…!
posted by ひとみ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。