2008年11月29日

11巻簡易感想(ネタバレはあまり含まれないような気がします)

何を今更と生温かく見られそうな気がしなくもないんですが、私、教授がすごい好きだなーと思った描き下ろしテロでした。。。って何、テンション低いのお前、せっかくのテロなのに?と思われたら、それは誤解です。
毎度ながらきゅんっとして、テンションは高いのですが。
すごい今、純情テロリストを最初から、忍チンがぶち当たってきたところから読み返したい気分になってるんですが、何故か明日も会社なのでそれでちょっとだるいなあと思っているだけで。
3連休あっても、その翌週の土曜日が出勤日になるんなら、はっきりいってあんまり嬉しくないよねっていう…。

なので、感想ともいえない感想を少しだけ。

最後のページを見て、うわああっと思いました。
確かに美しい思い出中毒はなくなってても、宮城の中に先生はいるんだなあっていうか、一部になってるのかなあと思って。もう恋愛じゃないのは確かですが、でもあの言葉は。
昔好きだった人に言われた優しい大切な言葉を、今好きな人に言うのは、どんな感じなんだろう。

今回改めてこの二人は、大人と子供の恋(子供のというと語弊がありそうなので、若者でもよい)なんだと思いました。そんなところが好きだなとも。つーか、忍チン視点の教授は無駄にカッコよくてどうしよう。…別に無駄でもない。普通に惚れそうになりました。
テロは今までどちらかというと、忍チンの恋を応援してます!な心境だったんですが、今は、これからもずっと宮城のこと好きでいてな、忍…!な心境です。
最後のページもですが、その1ページ前のやりとりでテンション最高潮になりました。それだけは断るんだ、そうなんだ…そうなんだなあああ(おちついて)
教授教授言ってますが、忍チンも当たり前のように可愛かったし、ミニマムめっさ可愛かったし、本編も楽しかったです。

いやほんとに改めて感想書きたいです。で自分の感想書いてから人様の見に行きます。



色々ひきこもり気味ですみません。とりあえず、元気です。来月にはちゃんと復活できればいい(遠い目)
あまぞんさんに頼んでるゲームとDVDは、明日は受け取れないので明後日になりそうです。楽しみです〜。きっとすぐにはできないと思うけど、それでも楽しみなものは楽しみです♪
posted by ひとみ at 01:14| Comment(10) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。