2007年12月31日

携帯から

実家帰ってます。
なので携帯からサクッと短く。
今年も一年お世話になりました。

来年もまったりと続けていければいいな〜と思います。
私の来年の目標は女力アップですが、とことん無理っぽいです。

ではでは、良いお年をお過ごしください
posted by ひとみ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おおみそか

公式サイトの相川さんの週報(つーか日報)の美咲君の日記みたいのに、えらい癒されたりする自分をどうにかしたい今日この頃ですこんばんは。いやもうリアル世界の人間関係が怖いことになってまして、ってそれはまた別記するかもしれませんが完全に愚痴なのでどうしよう。
それにしてもあの日記はほんとに微笑ましく、いつもと同じがいいんだよ、それが幸せさと微笑ましく思って読みました。


以下、今年中に書いときたかったトレトレ冬の号感想です。
一応反転。


いつぞやの純愛描き下ろし漫画では、バレンタインチョコのことなんぞ考えてもなかった美咲君が…ああ、ホントにウサギさんのこと好きになってしまって。…GJ!
と、親指ぴっと立てたい気分です。

ひとまずは安心、でいいのかな?
しかし今回言われていた100%の幸せとは何ぞやと考えた時、それはやはり好きな者同士で一緒にいられて、尚且つ周囲にも祝福されているということでしょうか?
でも前に父が言ってた価値観云々考えてたら、それ以前の問題なのかなと思ったりもするのですが。
経済状況とかもなんですが、そんな現実的なことは置いといて。

後、怒鳴ることができればそれだけで良いのかと言われれば、そんなこともないと思う訳で。
(それなら孝浩さんだってヒロさんだって、もっと言うなら相川さんとかもできると思う)
なので結局、そんなことができる子だと思っていなかったのが、お父さんの場合大きいんでしょうね。
一人で生きてきた息子が誰かと同居するということ自体、彼の中ではあり得ない事で、ましてやその相手が息子に向かって怒鳴ったりできるなんて思ってなかったんだろうなと。
ただのいい子で、強く押せば息子の言うことにも他人が言うことにも唯々諾々と従ってしまうのだろうと思っていてたのかな。
家に入る際押し入った時のように。
だから、中途半端な上っ面だけの『いい子』はいらない、だったのかなあ。
それにしても「一人で生きてきた」って父親が言って、それを認めてしまうんだなこの人は…。
なんかこう、最近宇佐見秋彦さんが好きで(すいませんドサクサに紛れて)、今の彼の幸せがこのまま続けばいいなと思います。

などとつらつら考えながらも、まあ一難去っても次あたり角先輩リターンズになりそうかと思ってるのですがどうでしょう。

ところで結局チョコ買ってたり、キスが来なくてん?とか思っちゃう美咲君はどれだけ人を萌え殺せばいいのでしょう。
もうベタで可愛すぎて大好きだ…!
あとウサギさんのくしゃって感じの笑顔も、やっぱり可愛いよなーと思います。大好きだ(2度目)





トレトレはいつも数ヶ月に一度のお楽しみだった訳ですが、今回はその間にcielやら単行本やらアニメ関連やら色々あって、それほど待った感じがありませんでした。きっと次までもそんな感じでしょうか。

とりあえず来年も、ウェブの片隅で愛を叫んでいければと思っています。
posted by ひとみ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。