2007年11月25日

ドリーミング

願望が形になったのかは微妙なのですが、立海が優勝する夢を見ました。
微妙というのはD1で勝ってしまったからで、幸村はリョーマに、俺達の勝負は○○(何かの試合名ぽかったです)でつけようと言ってました。
目が覚めて、このみ先生なら何が起きるか分からないとはいえそりゃねーだろと思いましたし、優勝は嬉しいですがここまできて幸村の試合が見えないのも悔しいです。
そういえば某サイト様で早売りジャンプの感想を読んだのですが、その感想のみで大爆笑できたので明日がとても楽しみです。『プギャアァーッ』が気になって仕方ありません。
明らかにテニス漫画に出てくる擬音じゃねーよな…。

夏公演のDVDも買いましたよー。まだバックステージ映像しか見てないですが、皆キラキラしてて凄い可愛いなーって思います。
公演見に行った時は、ほとんど立海陣しか目に入ってなかったんですが(笑)DVD見ちゃうとみんなかわいいし、この子らがやってくれてよかったなーって思います。
本編の方もゆっくりじっくり見たいと思います。

がけっぷち〜ぎりぎり〜♪
posted by ひとみ at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

さむいさむいさむ

わがやのおうじさまの換毛期がやってきました。
ぬくい冬毛になってね。

・textに一つ追加。

あれなページにおばかな話を追加しました。
続く…と思います。
8巻読んだ後に書いてた話だったのですが、9巻後にアップになってるのは如何なものでしょう。
それにしても、冷静になりきれない(笑)ヒロさんは可愛すぎると思います>8巻。
posted by ひとみ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

さむいさむい

実は先月の半ばくらいからスイカ(定期)のチャージ残金が801円で、改札口を通ると当たり前なんですが801円と毎度表示され、勝手に居心地の悪さを感じていましたひとみです、こんばんは。
土日に定期区間外に行ったため、801エンドレスから開放されてほっとしています。

そんなで、遅ればせながらThe Ruby感想です。
短いですが、一応反転しときます。

高野さんが横澤さんに言われるまでもなくプライベートと仕事全く切り離せてねーとか、佐伯さん可愛いな写植話面白いとか、井坂さん出たーとか、いろいろ思うところはあるものの。
一番気になったのは、失恋→留学の流れでしょうか。
留学か。律君は物理的な距離を作っちゃったんですね。
これは運命だと思った直後失恋してその後留学した少年や、何も告げず留学して(ほんとは告げてましたが)しかも一度も連絡しなかったせいで恋人を思いっきり不安にさせた青年を思い出しつつ。
でもそのへんのすれ違いで、高野さんボロボロになっちゃったんかなー。律君いいとこの家の一人息子っぽいしなーなどと、想像めぐらしつつ、次を待とうと思います。
次あたりでヒドイ目ってどんな目にあったのか明かして欲しいものですが、いかがなものでしょうか。


ところで、その時パンダが動いた。すごい読みたいんですが(笑)
「よいせ」が可愛すぎると思います。
posted by ひとみ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

遊びまくった週末

プチ同窓会に行って、某ジャンルのオンリーイベントに行ってと、久々に二日間ちゃんと外に出た週末でした。
そしてまた一週間がはじまるぜ!という朝に久々すぎる更新です。

・textに1つ追加しました。
9巻描き下ろしの、勝手に捏造教授視点でございます。
誰かもう書いてたら申し訳ないなーとか、そもそも妄想いっぱいで申し訳ないなーとか色々思うものの、多少でも楽しんで頂ければ幸いです。


こんな更新のないサイトなのに、いつの間にかカウンタが1万超えてたりして、ほんとにありがとうございます。
これからもこんな調子でのらりくらり続けていくと思いますので、時々様子見に来てもらえれば嬉しいです。
posted by ひとみ at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

最近の出来事 徒然

久々であれなので、最近心の琴線に触れたことをいくつか。
ジャンルごっちゃなので注意。

・5人で司会ってマジですか!?歌出してないのに〜とか思うけども、まあ楽しみ?なのかな。いや楽しみにしとこう。期待はあまりしないけれども。
そういえば去年のリーダーは司会のくせにビジュアルがだめだめだったので、今年はその点は問題なさげでホッとしてます。
…おお、あれからもう一年たつのか。
(すまっぷ)


・アニメの公式サイトを時々更新されていないか見に行くのですが、もうトップページが恥ずかしくてたまらんのですが助けてください。可愛いよ、可愛いが、なんかはずかしいんだよ!
キャラクター相関図とか見てて、改めてヒロさん主要6人の中での関わり多いなぁと思ったり、携帯サイトの方で待ちうけダウンロードしてにたにたしたりしています。可愛いです。
(ろまんちか)


・結果がどうこうより、病院名に全て持っていかれました。HOUTAI!
そして、敗者に部長が制裁を下すのかどうかがすっげー気になってます
。見たいような見たくないような。
あと、ニコニコで見かけた『りっかいの/じかん』(手描きMAD)を中毒になりそうな程繰り返し見てました。可愛いなんてもんじゃないです。もちろんそのままおっさんな人も含めて(笑)
(てにす)



今日図書館に行った帰り、ミスドでカフェオレ飲みつつ読書でもとちょこっと寄りました。結構混んでいたのですが、隅っこの席が空いていたのでそこに座ると、お隣は女の子二人組み。
あんまりぎゃーぎゃーされるとイヤだなぁと、勝手なこと(少なくともファーストフード店で望むべきじゃないこと)を思いながら、なんとなく耳に入る話は受験のことっぽく、どうやら高三?っぽい様子。
受験で大変って話をしてて、あ〜そんな時代もあったねぇと思っていると、話がずれて内容は何故か韓国の環境問題に。
韓国の公害についての話から、スウェーデンの福祉の話や、地元の開発の話になってました。
決して難しい内容じゃないのですが、二人とも自分の意見みたいのを持ってるみたいで、それを普通に笑いながら抑え目のトーンで話してる感じで、お姉さんとなりで思わず聴いちゃってましたよ(自重)

仕事のことや趣味でいっぱいいっぱいな自分も、ちったー見習わないといかんなぁと思った出来事でした。
もしかすると受験からの逃避というのも多少
あるのかもしれませんが、それでも強制される訳でもなく、そんなことを話し合えるというのはなかなか捨てたもんじゃないじゃんと思ったり。
あと女子高生二人という時点で煩かったらイヤだとか思っててほんとごめんなさい。煩い人は年齢関係なく煩いよね…。
posted by ひとみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

霜月

いつの間にか今年もあと2ヶ月ですね〜。
はやいなとしみじみしながら、ちょい遅ればせながらの純情ロマンチカ9巻感想です。


忍君は楽しい子だなあと思った久々の純情テロリスト。初の忍視点ご馳走様でした。
なにが楽しいって、モノローグはずっと宮城のことで、あれだけヤキモキして、カギ貰った時も本当に嬉しくて嬉しくてたまらないのに、何故か出てくる言葉が『いっつも俺からじゃねーか』『かかって来い、覚悟は出来ている!』なあたりが。
え?あれ、そこに着地しちゃうんだ、っていう(笑)
そりゃ馬鹿可愛いという結論になっても間違ってないと思います。
好きな人のことでグルグルしても、美咲が健気に可愛い系だったらヒロさんはツンデレな可愛い系で、忍チンは突拍子のない何が飛び出すか分からない可愛い系ですね。楽しいなあ。
皆一途なのは一緒なのにね。

教授だって、7巻あたりの台詞モノローグ台詞モノローグっぷりを思い出すと、どうしたって平然と見える裏でいっぱいグルグルでメロメロなんでしょー、と思ってしまいます。
そりゃ忙しいのは本当でしょうが、暫く来なかったこととか、カギ作ってからだって渡すまできっと色々考えてたんじゃないかとか(はいっ妄想自重!)

以下箇条書き

・忍君は普通にモテているのが良いです(結構女の子とかにも優しそう)
・でも考えてるのはオッサンのことばかり
・グルグル忍君。大丈夫。大丈夫だよその人メロメロだからー。
・『なにこれ』が可愛すぎて、なんかもう所々の絵の乱れとかどうでもよくなった。
・明らかにおまけじゃないでしょうに>カギ
・ちょ最後何で家に来れば完璧なんですか。まずカギもらったんだから行けよ使えよ(笑)(使ったのか?)
・つーかあっちもカギやったんだから、来るだろうって待ってんだよ(多分)
・なんでこうラストまですれ違ってんだ。もえ。

短かったのは残念ですが、でも描き下ろししてもらってるだけでも十分だよな〜と思います。
でも、やっぱり笑顔が見たい!忍君から宮城に向けての笑顔はいつか本編で見たくてたまらないのですが。正直エッチはなくていいので、そっちをお願いしますいつの日か。


ロマンチカの方は過去の感想に〜…と思いましたが、そういえばact13は感想が途中でぶち切れていたので少し。
クリスマスで図らずも1年を振り返ってみる美咲君ってことで。色々あったよね。
最近アニメ化のアンケート答えるために1巻から引っ張り出して読み返したんですが(しかもどうしても眠れない深夜に)(何やってんですか)、2巻のあとがきに『一体どれくらい書けば1年経つのか』みたいなことを書かれているのを見て、ああ〜話の中でもついに1年経ったんだなぁ、お疲れ様ですというか、ありがとうございます中村先生といった気分です。

以下ちょこっと箇条書き
・ヒロさん達がいきなり出てきてびっくりしました。ありがとうございます。
・これが前巻の描き下ろしの野分の行動につながっていくんですかね。
・とりあえず美咲が最初から最後まで可愛すぎです。
・特に、いつまでいっしょにいられるのかな、へんがやばい。(いつまでも一緒にいればいーよ!)
・サンタコスプレもありがとうございました。


前巻で美咲がウサギさんに好きだって言って、どうしようロマンチカの醍醐味がなくなっちゃうんじゃないかと、すっげーおこがましくも心配していた話だったんですが、その次あたりからウサギ父が不穏になってきたりして、あ〜この二人はまだ色々あるんだなと、はらはらしつつもほっとしたりもしてます。

なんかまだまだ書きたいことある気がするのですが、一応ここまでで。
posted by ひとみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。