2007年09月03日

全員サービスが届きました

全員サービスのドラマCDが・・・例によって忘れたころにやってきました。
むしろ、締め切り結構破ってた気がしたので、もう来ないんじゃないかとぼんやり思ってたんですが。
それに何で原作でお腹一杯な時に来るんだろうと悪態つきつつも嬉しくない訳がなく、わくわく聴いてみました。一応ネタバレ?以下反転。



4トラックまであり、1つ目はロマンチカ。美咲がウサギさんの家へ同居が決まる前のクリスマスの話。
2つ目は美咲と野分のちょっとした接触と、そこから生まれる美咲とウサギさんの話。
3つ目はエゴイストで、野分が留学する前の、ヒロさんと野分のある日の話。
4つ目は寝苦しい暑い夜、の美咲の悪夢。

分かる人は分かるっていうか、中村先生が出してらっしゃった同人誌の話ですよね(借りて読んだだけなんで多分ですが)3つ目までは。

でも嬉しかったなー。クリスマスの話、かなり好きなので。
あんまりないウサギさん視点で、美咲を好きになってしまった時の話。
一人でいることに慣れているはずなのに、好きな人と過ごすクリスマスを思ってしまうウサギさんなんか、今回の本誌とか見ちゃうと特に色々思う訳で。
んで、ちゃんと二人の声とか会話に距離感がある。と思います。
特にウサギさん@花田さんの声にちゃんと(?)甘さが足りなくて、でも後半えらい優しくなんのが、良いなーと思いました。
モノローグの間も好きで、あーなんか良かったです。ほわっと幸せです。

声云々なら2つ目も。
野分の声がヒロさんに対する時と全っ然違って、優しいんだけど他人行儀で、感動しました。
(感動?)
その後の美咲とウサギさんのやり取りも可愛いなー。『バカかお前は』とか好き。もういくらでも攻めればいいさ。

んで、3つ目。聴きながら、恥ずかしい…と呟くエゴイスト。
ヒロさんが乙女で恥ずかしい。センチメンタル!ラブ。
ぐるぐる考えて、でもなかなか素直になれなくて、全て野分に見透かされてるんじゃないかと思って、でもそれも少し悔しくて嬉しくて…あああ恥ずかしいカップル!
でも野分もそんな全部分かってる訳じゃなくて、本当は色々悩んでるんだよなーと思えるのが、このカップリングだなと思います。この後、でっかいすれ違いあるんだと思うと余計に。

4つ目は、美咲が純愛の朗読。若干きもく寒い(笑)
止まりたいのに止まれない辺りが可愛い。羞○プレイですか。





一度聴いたのみですが、楽しかったですー。
それにしてもこんな時期にこんなCD聴いてしまうと、やっぱり声優さんはドラマCDと同じでお願いします!となるよなー…。ぬぅ。どんなもんなんでしょうね。
posted by ひとみ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜長月

いつの間にか9月です。
友人から、三連休遊びに行くから泊めて、と電話がありました。
…このカオスな部屋に?と聞いたら、とりあえず寝るスペースがあればOKとのことですが、そんな訳にもいきますまい。
いい加減どうにかせねばと思っていた本を、処分する良い機会かと思います。
少なくともこの床に積み上げられた本達からどうにかしたい。

で、一応前回の記事の続きでアニメ化についてな訳ですが、色んな意味で『本気ですか!?』な感じだけど、決まってる以上応援しようぜ!ってとこでしょうか。
作る側も色々考えて作っていってくれるんじゃないだろうか、原作が一般向けじゃない以上、とか思うわけで(つーかそうであって欲しい)
もちろんそのへんの配慮と同じくらい、原作ぶっ壊さないで欲しいというのもありますし、いまいち読者参加型とかよく分からないんですが(笑)
とりあえずアンケートでも出して、次の情報を待ってようかなと思います。
むしろアニメよりも、次のCielに純情シリーズってのと、11月に9巻発売でしかも描き下ろしでテロリストっていう方に興味が行ってます。
うわぁ、久々の教授と忍君ですね。たーのーしーみー(きもい)
Cielはどっちでしょうね。どっちにしても楽しみなんですが、単行本に描き下ろしが決まってるんなら、逆にエゴイストでしょうか。楽しみです。
posted by ひとみ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。