2007年09月29日

Ciel 感想

11月号買いました。
純情シリーズ感想(のようなもの)です。以下反転。


純情ミニマムでした。そこか!と、ポンと手を叩きたくなりました。
このミニマムな弘樹君&秋彦君は萌えというより、可愛らしいと思うのと、ちょっと切なく思います。まだ恋になる前だけど、その後を考えるとちょっとだけ切ない。
でも、素直になれなかったり男の沽券がとか言っちゃったり(若干違ったけども)、どうも思い込みが激しかったり。なんだかヒロさんはとっても三つ子の魂ほにゃらら。
秋彦君は、多分弘樹君限定天然王子様。可愛い。黒目がちでほやっとしてそうなところが、とことん可愛い。受けでもいい。最後の美咲とのやり取りとか、ほんっとに見る影も無いけども、この頃の小さな子供はきっと宇佐見先生のどっかにいるんだろうなとポエムってみる。
美咲君の『うっかり息をしている死体』とか、弘樹君が読んでる妙な本とか、楽しかったです。


11月発売の最新刊の描き下ろしが、忍視点らしく今から楽しみでなりません。いつか読みたいと思っておりました。あああありがとうございます。
これで、分かりにくいけど分かりやすく難しいけど可愛い少年の心が理解できるかな。どうかな。すごく楽しみです。

それにしても、最新刊と同時発売が世界一初恋の文庫で、それには20ページ中村先生描き下ろしで、11月中頃にはTheRubyが出て、それにも続きが掲載で、ほかにもアニメ関連で雑誌に描き下ろし…。
嬉しいのですが、ここぞとばかりに働かせすぎなんじゃないかと、おこがましくも心配してしまいます。
一ファンとして、中村先生はほんとにお体を大事にして頂きたいです。

…でも当然のように買うんだよな〜きっと(なんだかなあ)
posted by ひとみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

整理整頓

先日書いたとおり、昨日は過去買った同人誌の整理をしてみました。
単行本はいる、いらないの分類が結構簡単にできるんですが、同人になると難しいですね…。特にまだジャンルとして好きで、次のイベントでも買うだろうと思ってる作家さん達のはなかなか手放せず、グルグルしてしまいます。
結局、以前好きだったジャンル全てと、読んでピンとこないものだけ売ろうと決意してはじめました。

そんなこんなで、前の前に好きだったジャンル(つまりテニス:氷帝)を整理してみると、だいたい処分したはずなんですが、それでもまだあります。
ほとんど氷帝本ですが、時々立海が出てきて、おおっと思いながら読み直してみました。
するとその全てにおいて真田が虐げられていて(特に幸村に)笑えました。あれはなんだろうなー。関東大会決勝がはじまって、負けちゃった頃の本達かもしれません。
それにまぁ、氷帝メインの本ですから真田にあまり愛がなくても仕方ないというものでしょうが。とりあえずその本は残してみました。
あと本も人柄も大好きで、イベントになると半分ス○ーカーのように追いかけていた作家さんの本は全て残してしまいましたが、そんなことをしているから、片付かないんじゃ(ry
でもその方の氷帝は、カップリングも3カプどんぴしゃ好みで、絵柄も何もかもジャストミートで未だに愛しています。
テニス以外だと、何故か数冊出てきたおお振り本(しかも2004年もの)
…確かにはじめて知ったのはその時期だった気がしますが、私カップリングには興味なかったはずなんですが、買ってたのか。しかも覚えてないあたりがなんとも。
しかもばっちり、ミハベとハルアベでしたよ。はっは。
以前書いた、今更おお振りのカップリングにはまった云々は、大嘘だったなーと深夜貪るように読みながら思いました。

まだ片づけはちゃんと終わってないですが、今から横浜です。
数年来の友人と会う予定で、ゲームや漫画の話もできる子なんで楽しみですよ−。行って来ます。
posted by ひとみ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

30%カオス

ぱっと見、チョコレートと騙されそうなタイトルですが(騙されNEEe)、そうではなくて私の部屋の現状です。
9月頭の日記で友人が泊まりに来るのでこのカオスな部屋をどうにかせねばと書いたんですが、先日、風邪っぴきのため今週の東京行きは中止にすると電話がありました。
数年ぶりに会う予定だったのに会えなくなったのは寂しいですが、その反面助かったのも確かです。だってまだ30%カオスだから。
明日起きたら、夜までに必死で片付けるつもりでしたよ。(どんだけ)

それでも本は先日大量にまん○らけに売りに出しました。
段ボール箱にして5箱。しかも同人誌は除く。また、改めて同人誌は整理するつもりです。
5箱送って結構送料がかかったので、これは送料の倍いったら嬉しいくらいかな〜と思っていたら、軽く4倍はありました。嬉しい誤算です。
まあ今が旬だと思うWJの漫画とかも結構まとめて売ってしまったので、相場だったのかもしれません。

そんな訳で急いで片付ける必要はなくなってしまった訳ですが、なんと今月末か来月頭、弟が上京してきます。
こっちで勉強したいことがあるんだそうです。地元で働いていた職場も止めてしまいました。それは別にそれはかまいません、一応二十歳過ぎた男ですから。
ただ、部屋が決まっていないため、しばらく私の部屋に泊まるそうなんですが。

・・・・・・・・・金とってもいいかな?


とりあえず掃除はしとこうかと思います。
posted by ひとみ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

wj感想

ものすごいところで終わりましたが、たとえ乾がレクイエムにのってお亡くなりになってしまったとしても、「乾の死を無駄にする訳には行かない!この試合必ず勝つぞ!」「(空の上から)見ていて下さい、乾先輩…っ」とか言って試合は続行すると思います。
今回王道バトル漫画を赤也と海堂に見てしまいました。
結局デビル化は赤也オンリーではなくキッカケ(と素質)があれば、テニス界のキャラなら誰でもなりうるものってことで。
ただそこに行き着くまで過程が、赤也の場合が怒り+『ワカメ野郎』だとしたら、海堂の場合は怒り+先輩(他人)を守りたいと思う心なんだろうか、と。超サイ○人になるきっかけが、悟空とベジータでは違っていたのを思い出しました。
しかもデビル化を止めた乾に不覚にも私は感動しかけました(なんてヒロインポジ
止めもせず静観してましたもんね柳、っつうか立海側。むしろ推奨。
そのへんは別にデビル化したからといって、赤也本人と味方に害はないからってのもあるのかなとも思うのですが。残虐性etcが増して、相手チームに害は出まくりですが。
『別に赤也が切れやすいのはいつものことだしね…』って感じなんじゃないかと思います。乾が止めたのは、『そんな海堂(俺は)見たくないんだ!』ってことでいいんでしょうか。

ほか。
・リョーマがまともに可愛くて困ります。
・もはや進化なのかなんなのか。
・乾フルボッコ。
・走馬灯のようによみがえる思い出。
・最後の海堂の叫びに燃えた。

立海の優勝をありえないだろうと思いつつ願っている私でも、このD2青学を応援したくなってしまってます。でも真田の時も途中まで明らかに手塚派が多かったのに、終盤で分からなくなった気がしたので、今後の展開に期待したいところです。
※特にどちらのファンサイトでもない人達の感想で。


と、長々書きましたが、今週のテニプリはコンビニで立ち読みしかけてこれは駄目だと購入し、家に帰った後、最初から最後まで声出して笑いながら読みました。
すっげー破壊力でした。
posted by ひとみ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

最近読んだ本

クジラの彼 有川浩さん

砂を吐くって表現が似合うような短編の恋愛小説。
某書評サイトで知ってはいたものの、本当に甘々でした。
でも面白かったです。
普段滅多に恋愛小説って読まないので、新鮮なのもあったかもしれませんが。この作者さんの話好きだなーと改めて思いました。
やっぱり読みやすく面白いし、登場人物も皆好感持てます。
ちょっとこう、久々に恋愛がしたくなったかもしれません(おま、20代の女が久々って何を)
個人的にトイレの話が妙にツボにはまってしまいました。


ミミズクと夜の王 紅玉いづきさん

序盤はちょっと微妙…?とか思ってたくせに、どんどん引き込まれてしまい、ところどころで泣きそうになりました。
愛されたことのない少女と、人間嫌いな魔物の王、聖剣の騎士に聖剣の乙女、王と王子。
王道をつきすすみ、そして最後はちゃんとハッピーエンドになるお話でした。皆に幸せになって欲しいと願いたくなる話です。
会社からの帰り道、乗換駅の飲食店で半泣きで読んでたので大概あれな人だっただろーと思います。
そんな引き込まれた話なのに、一番印象に残ってる言葉は、後書きの「安い話が書きたかった」という言葉です。
確かに安い話でした。でも、心に残りました。
posted by ひとみ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画。小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

立海カプ色々

原作とかアニメとかゲームとかみゅとか、そのへんを下地にはしていますが、あくまで同人的な語りなので、苦手な方は避難して下さい。
日曜の夜、ただつらつら書きたくなったので書いてます。



○真田と幸村

相変わらず好きな二人です。が、自分が今まで好きになったカップリングとは若干ズレている気がします。
某サイト様で、ある意味主従関係っぽい二人と仰っていて、もしや私も主従萌えなんだろうか…と考えたのですが、なんかちょっと違うような。
私の主従萌えは下剋上(notひよ)がほとんどなのですが、例え真幸でも真田の下剋上という感じは全くしないしなーと考えて。幸真だと言うまでもなく。
つらつら考えていたら、ああツートップ萌えかもしれんと、最近思い当たりました。
幸村のチームのトップとして冷静にチーム(の勝利)のことを考えてそうなところとか、勝利のためには手段選ばない感じとか、見た目に反して漢で毒舌なところとか、結構人当たり良く計算して動いてそうな感じとか。
真田のそのチームの顔っぽい面があり、熱くて真っ直ぐなところとか、とことん真っ向勝負なところとか、若干他人とズレていてそこが可愛いと思えるあたりとか。色々意見言っても結局はトップの意見が通るあたりも(笑)
正反対で、こいつら同じチームじゃなかったら仲良くなってないだろうなと思ったり、同じチームでもどんな会話してるのかあまり想像つかないあたりとか。
でも、この二人が組めば最強っぽかったり、一つの目標のために力合わせると相乗効果で力発揮しそうなあたりが。多分お互いに最大の信頼を捧げている(と思いたい)へんも。

と、なんだかんだで愛している某グループの上二人と重ねてみたりする今日この頃ですが、自分的萌えはそのへんにあるのではと、結構本気で思います。
ただ、ほかにも美女と野獣もえーとかそのへんもあるかもしれません。樺跡とかタカ不二とか好きなので。最近の原作展開から昔馴染とも判明しましたし、今後の本誌の展開によっては色々変わる要素があるとも思います。
そもそも幸村の描写が少ないので、いまのところなんとも言い切れないのが事実なのかもしれません。
でも幸村の内面が明かされる頃には、テニプリ終わるんじゃないかと思うとそれはそれで寂しい感じです。


カプ色々と書いておきながらあれですが、とりあえず切って多分また続きます。
posted by ひとみ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

wj感想+α

真田が普通に立ってたことにほっとしつつ、おいもう大丈夫なんか回復はえーなと突っ込みながらも、でも心配だから座っとけよ。と色々思う今週号。
まあやせ我慢かもしれませんが、大丈夫と信じてますテニスだし
柳の猛獣使いっぷりに吹きそうになりました。でも確かに礼儀は大事です。いまいち何が良くて何が悪いのか分かりにくい世界感ですが、対戦相手の眼鏡を踏み潰すのはNGな様子。ひざかっくん可愛い。
最後の海堂に青学の反撃がはじまるんだろうなとドキドキしつつ、やっぱり来週を待ってます。
サーフィンのカードの真田と幸村を見て、この二人の組み合わせ好きなくせに、仲良しという言葉に凄まじく違和感を覚えました。が、ちょいちょい感想読んでたら皆さん似たようなもんだったみたいです。なんだかな(笑)



ところで、この夏年甲斐もなくテニミュにはまった私ですが、演じている人達には特に興味はありませんでした。
ちょこっと例外で真田役のかねさきさんが気になったりもするんですが、これはやっぱり真田だからだろーかと思ったりもするので微妙なところです。(でもあの笑顔と筋肉が結構好きだ、と思う)
しかし、先日ぴゅあぼーいず(テニミュのキャストが大半を占めるイケメンユニット?でいいのか?)の方達が歌う、1stシングル『乾杯/ジュテーム』のPVを見てしまい、結構本気で買おうか迷っている自分がいます。
すっげー破壊力でした。どの位って、見た翌日(つまり昨日ですが)振りつけを思い出して、会社で噴出すほどに凄い破壊力した。思い出し笑いはあっても噴出すなんて尋常じゃないと思うんですが、PCに向かってても、何かの拍子にふっと浮かぶんですよ恐ろしい。
しかも何度見ても笑いを耐えることができません。

見たことない人は、一見の価値があると思います→こちら

もう五寸釘打ってるようにしか見えない。
posted by ひとみ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

全員サービスが届きました

全員サービスのドラマCDが・・・例によって忘れたころにやってきました。
むしろ、締め切り結構破ってた気がしたので、もう来ないんじゃないかとぼんやり思ってたんですが。
それに何で原作でお腹一杯な時に来るんだろうと悪態つきつつも嬉しくない訳がなく、わくわく聴いてみました。一応ネタバレ?以下反転。



4トラックまであり、1つ目はロマンチカ。美咲がウサギさんの家へ同居が決まる前のクリスマスの話。
2つ目は美咲と野分のちょっとした接触と、そこから生まれる美咲とウサギさんの話。
3つ目はエゴイストで、野分が留学する前の、ヒロさんと野分のある日の話。
4つ目は寝苦しい暑い夜、の美咲の悪夢。

分かる人は分かるっていうか、中村先生が出してらっしゃった同人誌の話ですよね(借りて読んだだけなんで多分ですが)3つ目までは。

でも嬉しかったなー。クリスマスの話、かなり好きなので。
あんまりないウサギさん視点で、美咲を好きになってしまった時の話。
一人でいることに慣れているはずなのに、好きな人と過ごすクリスマスを思ってしまうウサギさんなんか、今回の本誌とか見ちゃうと特に色々思う訳で。
んで、ちゃんと二人の声とか会話に距離感がある。と思います。
特にウサギさん@花田さんの声にちゃんと(?)甘さが足りなくて、でも後半えらい優しくなんのが、良いなーと思いました。
モノローグの間も好きで、あーなんか良かったです。ほわっと幸せです。

声云々なら2つ目も。
野分の声がヒロさんに対する時と全っ然違って、優しいんだけど他人行儀で、感動しました。
(感動?)
その後の美咲とウサギさんのやり取りも可愛いなー。『バカかお前は』とか好き。もういくらでも攻めればいいさ。

んで、3つ目。聴きながら、恥ずかしい…と呟くエゴイスト。
ヒロさんが乙女で恥ずかしい。センチメンタル!ラブ。
ぐるぐる考えて、でもなかなか素直になれなくて、全て野分に見透かされてるんじゃないかと思って、でもそれも少し悔しくて嬉しくて…あああ恥ずかしいカップル!
でも野分もそんな全部分かってる訳じゃなくて、本当は色々悩んでるんだよなーと思えるのが、このカップリングだなと思います。この後、でっかいすれ違いあるんだと思うと余計に。

4つ目は、美咲が純愛の朗読。若干きもく寒い(笑)
止まりたいのに止まれない辺りが可愛い。羞○プレイですか。





一度聴いたのみですが、楽しかったですー。
それにしてもこんな時期にこんなCD聴いてしまうと、やっぱり声優さんはドラマCDと同じでお願いします!となるよなー…。ぬぅ。どんなもんなんでしょうね。
posted by ひとみ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜長月

いつの間にか9月です。
友人から、三連休遊びに行くから泊めて、と電話がありました。
…このカオスな部屋に?と聞いたら、とりあえず寝るスペースがあればOKとのことですが、そんな訳にもいきますまい。
いい加減どうにかせねばと思っていた本を、処分する良い機会かと思います。
少なくともこの床に積み上げられた本達からどうにかしたい。

で、一応前回の記事の続きでアニメ化についてな訳ですが、色んな意味で『本気ですか!?』な感じだけど、決まってる以上応援しようぜ!ってとこでしょうか。
作る側も色々考えて作っていってくれるんじゃないだろうか、原作が一般向けじゃない以上、とか思うわけで(つーかそうであって欲しい)
もちろんそのへんの配慮と同じくらい、原作ぶっ壊さないで欲しいというのもありますし、いまいち読者参加型とかよく分からないんですが(笑)
とりあえずアンケートでも出して、次の情報を待ってようかなと思います。
むしろアニメよりも、次のCielに純情シリーズってのと、11月に9巻発売でしかも描き下ろしでテロリストっていう方に興味が行ってます。
うわぁ、久々の教授と忍君ですね。たーのーしーみー(きもい)
Cielはどっちでしょうね。どっちにしても楽しみなんですが、単行本に描き下ろしが決まってるんなら、逆にエゴイストでしょうか。楽しみです。
posted by ひとみ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。