2007年08月31日

トレトレ秋の号感想

本編読むまでは、むーアニメ化か〜、とかうにゃらうにゃら思っていたような気がしますが、読んじゃうと美咲君の可愛さになんかもうどうでもよくなって来ました。いや決してどうでもよくはないのですが。
以下、純情ロマンチカのみ感想。反転です。





ロマンチカの嬉しいところは、やっぱり長いというか本編(?)だから、ほかの二組に比べて関係の変化をゆっくり描いてくれるところだよなーと思います。
…うあーだって今回、他人にウサギさんのこと好きだって認めちゃいましたよー!あの美咲君がちっちゃい声で『はい』って言ったよ、はいって。
か、可愛いいいぃぃ。
(落ち着け)
しかもついにザ☆漢の作者も出てくるし(笑)美咲君のキラキラっぷりは、今までのザ☆漢への思い入れが全て複線で、ここから伊集院先生とのラブがはじまってもおかしくないくらいでした。嘘です。はじまっても困ります。
ウサギ父も今回は出てこず、前回みたく美咲君がグルグル追い詰められてなくてちょっとホッとしてます。色んな人に嫉妬するウサギさんも素直に可愛かった。
その分、宇佐見兄弟が切なかったですが…。春彦さんの「満足か」ってのと「それでも 俺は」が、もう。
それでも、諦めませんか?やっぱりそれは愛なんですか?
約束がほしいと言う、一人でいることが怖くなったウサギさんも。なんか切ないのと妙に可愛いので、どうしようですよ。でこチューは美咲君が可愛かったけど、その後の笑顔なあなたも十分可愛いぜ。

以下、箇条書き
・なかなか終わらない冬休み。
・声優も全てry…うん、ほんとそうですよねー。
・師匠呼び可愛い。ていうか、チビたんで定着しちゃっていいのか。
・そんな井坂さんの、宇佐見兄弟への思いが明かされることってあるのかなー。ただの友情…でもないよな。
・サインにイラストまで入ってたら、そりゃ嬉しくて泣きたくもなりますよね。なんか色々シンクロ。
・後半はもはや萌え以外のナニモノでも。
・嫉妬も怒ってるのも、でこチューも笑顔も、なにもかも。
・ごちそうさまでした。



眠くなって来たので、アニメ化関連に関しては多分また明日ということで〜。おやすみなさい。
posted by ひとみ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

くらくら(ぷちWJ感想)

柳にくらくらしております。
かっこいいなー。美人さんだなー。そういえばアニメのこの人の声はえらい美声でしたね。でもテニミュの柳は可愛いと思います。
…最強?
あとリョーマがちゃんと中学生で可愛く見えてきて困ります。
それにしても、この試合結構圧倒的に見えるんですが、ここから逆転劇になったり追い詰められたりするんでしょうか…?
んー。決勝だしテニスだしなんかあるんだろうとは思うんですが、想像がつきません。赤也まだデビルモードになってないしな。
全体攻撃しとるし。

このみせんせーがどうくるか期待しつつ、来週を待ちます。
posted by ひとみ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

処暑

先ほど、そういえばもうすぐ本誌発売日だと思いながら、ふらふらネットの海をさまよっておりましたら。

アニメ化だそうですね。

…び、びっくりしたぁ。ええと、世の中なにがどうなるか分からないもんですね。
色々思うところはあるものの、とりあえず本誌発売を待とうかなと思います。

それにしてもびっくりした。茶キーボードに吹くかと思いました。

(びっくりしすぎ)
(しかもよく見たら下の記事でもびっくりしてました)
posted by ひとみ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BL系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

びっくりした(WJ感想)

いやそんなありがちな言葉で表現していいもんか分かりませんが。
ほんと何が起こるか分からない。
記憶喪失ってあれですよね、結構王道ってかべたなシチュですよね。
少女漫画とか、ドラマとか、二次創作とかでもよく見かけます。
でもテニス漫画に普通にはさまれてくるとは思いもしませんでした
許斐先生(テニプリ)の展開は予想がつかないと知ってる読者でも、かけらも考えはしなかったでしょう。
記憶喪失なリョーマ君は可愛いですがギャップが少々怖く、跡部の言葉が読者の意見を代表していて、そしてそのまま試合は続行です。

え?続けるんですか?

流石です。
そしてD2は柳と赤也でこれまた想像の範囲外です。
シングルス、もう一人誰になるんだろうか。
でも先輩後輩対決ですね。乾・海堂vs宍戸・鳳を思い出したりして、ちょっと懐かしい気分に浸ってます。

真田戦が終わっても色んな意味で面白いので、とりあえず今週もWJ買ってアンケートでも書こうかと思います。
posted by ひとみ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

無題

帰りました〜。
夏コミ行ってきました〜。


正解には、15日に実家から帰ってきて、都会の夏の暑さにぐってりしながら仕事を2日間のらりくらりとこなして、夏コミ2日目にわざわざ半休とってまで行って来ました。です。
…だって出勤日だったんだもん。こ、これでも1日目の小説(ミラージュと有栖川)は我慢したんだ。
2日目だって空いてるコインロッカーが見つからず、戦利品を持ったまま会社に行ったし(バレたら辞めようと思った)

……オタでごめんなさい。生まれてき(ry

そんな訳で今回の購入物は、テニス立海オンリーです。真幸と幸真と立海オールです。最近ほんとに真田と幸村ならどっちでもOKです。精神的にとかじゃなく、どっちが押し倒しててもOKなんですが、中学生なんだから清い交際でもいいと思います(本気)
おお振りスペースに行くか迷ったんですが、時間がなかったので渋々諦めました。あああハルアベとか、桐青本とか欲しかったな。

多分社会人で夏休み長めの人なんかも明日からは会社でしょうか。学生さんはあと少し?
どちらにしろ、まだまだ残暑の厳しい八月残り10日。ばてることなく過ごせたらと思います。オタなりに。
posted by ひとみ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

実家帰ってきます

15日まで帰省します。
用意でバタバタして結局寝てないので、今最高に眠いです。
…新幹線で思いっきり寝てやる。

では、またお休み明けに。
posted by ひとみ at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

暑いですねぇ…

関東大会決勝へんから立海や真田がずっと好きだった方の感想とか見てると、こんなにわかファン(ほんとにな)が一緒に喜んでて申し訳ない気分になります。

関東大会決勝といえば、過去テニスにはまってた終盤の頃でした。リョーマvs真田戦で、当時真田に全く興味なかったくせに、負けてしまったことがやけにショックだったのをおぼえています。
別に真田がどーこーではなくて、その時はただ単に手塚が七人いるらしい立海に手塚抜きで勝ったりしたら『手塚の強さは青学内でずば抜けて凄い』という点における彼の存在意義がなくなるんじゃないかと思ってたり、流石に中学テニス界最強らしい皇帝に勝ったらおかしいだろういくらなんでもとか、全国には行ける訳だしそこでリベンジできるし、負けるよなってかそろそろ負けといた方がいいんじゃないか。
と、青学が負けると信じて疑わなかったんですが、勝ちましたからねー…。
そこまできてやっと、この漫画では主人公校は負けないんだと気付き、だからという訳でもないのですが熱が冷めてはや数年。
今更また他校にはまろうとは思いませんでしたよ。はっは。

そういえば手塚の存在意義云々書きましたが、別に手塚が跡部に負けても真田に負けても彼の強さというか存在は揺らがないなぁと思います。
負け方云々もあるのですが某サイトの感想で見かけた、手塚は負けても高みにいる(地に落ちない)気がするのが大きいんじゃないかと。
長い連載の中、彼はそんな位置にいるキャラクターだと思ってます。
…もし、あの命令口調な真田のボールへの叫びの後、真田側にぽてんとボールが落っこちたら、皇帝地に落ちるなんてもんじゃなかったでしょうからねー…。想像するだけで寒気がします。
(べ、べつに幸村に怒られるのが怖いわけじゃないんだからね)
(怒られるじゃなくて、虫けら見るような目で見られるとか呪われるとかでしょうか)
posted by ひとみ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

WJ(テニプリ)感想

まとまらないので、箇条書き。

・人生と書いてボールと読む。なんてテニス。
・子真田!子幸村!!ありがとうございますこのみてんてー。
・真田の帽子のかぶり方が宍戸さんかぶりで大変愛らしく、帽子が大きいのがまた愛らしく、幸村も小生意気な感じでえらい可愛いです。
・でもこの時はそこまで手塚との間に実力差あったんだなー…努力して努力したんだね(ほろり)
・1年生の3強はどこに行っていくらだせば買えますか(マジ)
・あの真田の頭をぐりぐりしたい。
・それにしても1年の時はそれなりに年相応で、2年になってやけに精悍になって(普通にかっこいいと思う)その後なんであんなに老ける成長するんだろう。
・でもそんな今の真田が好きです。
・手塚だって必死だよね、分かってる。分かってるんですが。
・『向こうに入らんか―――っ!』
・気迫で入っちゃったYO!
・はじめて見た時は笑っちゃったんですが、でも3年間がつまった声だったんだと思うと、あとからジワジワきました。
とにかく、おめでとう真田弦一郎!!
・萌えと喜びをありがとうございますこのみ先生!
・まだ一試合終わっただけで、ほかの試合もまた再来週から心配になる訳ですが、今は何も考えず喜んでおきます。
・最後までベンチに堂々と座っていらっしゃる幸村に色んな意味でゾクゾクします。ああもう男前。
posted by ひとみ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

サイン会

昨日あったもう一つのイベントは、『コーセルテルの竜術士物語』作者の石動あゆま先生のサイン会でした。
高田馬場の本屋さんであったんですが、こんな時は心の底から東京近辺に住んでて良かったなあと思います。

コーセルテルの竜術士物語はいま私が好きなほのぼの癒し系漫画の一つで(ほか:銀河町@花とゆめとか、サムうさ@WJなど)、大好きです。

石動あゆまさんは、優しそうな女性でした。この人がマシェル君やナータ達のお母さんなんだなあと思いながらサインをして頂きました。
色々伝えたいこともあったはずなんですが、ご本人目の前にすると全く出てくりゃしねー…という訳で、最後サインを書いてもらった本を手渡してもらった時、これからも頑張って下さいと目を見て言うので精一杯でございました。でも満足です。
列に並んでた人たちを見るにやっぱりファン層は女性が多かったのですが、男性もちらほら見かけ『おおっ』と思いました。意外でしたが嬉しかったです。

そういえばサインしてもらう時、スタンプが二種類あってどちらかを選んで一緒に押してもらえるようになってました。
一つはマシェルとナータ、もう一つはリリックで、私の場合は迷うことなくマシェル&ナータにしてもらっちゃいました(笑)リリックも好きですが、作品中一番好きコンビには勝てません。

ほか色々あって(昨日の日記参照)昨日はとても幸せな日になりました。でもそんな私の幸せは置いといて、石動先生、サイン会お疲れ様でした!これからも応援しています。
posted by ひとみ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画。小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

行ってしまいました

夏のお祭りです。
夏のお祭りというと自分的デフォはスマライブな訳ですが、どうやら今年は違うようで(秋もないのかな〜…)
テニミュに行ってきました。
ええ某所で勢いに任せて落としましたよ。こんな時一応金稼いでる身分で良かったと思います。と同時に社会人のオタはこれから際限ねーよなーと我ながら思います。

そんな初テニミュ。
燃えどころが多すぎて、最早まともに覚えちゃいないのですが(笑)
とりあえず、真田ばっかり見てました。
繰り返しますが真田ばっかり見てました(どんだけ好きか)
テニミュに本誌効果か、いま愛が偏り過ぎててそんな自分が若干キモイです。

でも立海も青学の子(子?)達もみんなカッコ良かったし可愛かったです。
立海贔屓なんで青学勝つと悔しいんですが、でも喜んでるとこ見ると可愛いなあと顔がにやけます。だって皆可愛いんだもん。
幸村が出てくるシーンは、突発的な笑いの波と萌え〜な気持ちが別方向から襲い掛かり、体力を消耗しました。
だってストレッチャーが。ホラーが(笑)あれはまわりでも笑いがおきてたんですが笑いでOKなんでしょうか。
真田の試合が始まる時の二人の歌も、これは別々の場所にいるのに相思相愛と捉えますがいいですかという腐った気持ちと、やっぱり笑いが襲い掛かり全くどうしたものかと。

もう一回見に行くので、その後にちゃんとした感想を書ければなと思います。
実は今日はそれとは別にもう一つ幸せなイベントがあり、そっちに関しては明日あたりにでも。
posted by ひとみ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

せっかくカテゴリ作ったので

テニプリで好きなキャラ。

青学:大石
氷帝:宍戸さん
立海:真田

・・・あんまり関連性がないですね。
なんで宍戸だけ宍戸さん呼びなのかっていうと、そりゃ宍戸さんは宍戸さんだから(某後輩に毒された感じで)
大石はかなり初期から好きでしたし、氷帝はまってからは宍戸さん大好きで、この二人なら『努力の人』ってのが全面に押し出されてる人達な気がするんですが、真田はそのカテゴリじゃない、ような。
別に努力してないなんてこたないし、そもそもあの漫画のキャラクターってみんなちゃんと努力(修行?)してるみたいだし。とんでもテニス感に騙されがちだけど、意外とWJ3大原則(努力・友情・勝利)を地で行ってるバトルスポーツ漫画だと思います。

話がずれましたが、真田は…なんでしょう。好きなんですが、好きの前に、面白いけどとかあほのこっぽいけどとかズレてるけどとか、そういう愛ゆえに突付きまわしたい言葉がつきまとうあたりは跡部系?だろうかと思ってみたりしてます。
そしてずれたままですが、眠いのでこのへんで。
posted by ひとみ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。