2007年07月31日

カテゴリが増えました

今週のWJのテニプリの真田を見て、この子が負けたら涙ぐみそうと思ったあたり、そーとーやばいだろうと思い、いっそのことカテゴリ増やしてみました。
何がどうなってここまで今燃えあがってんのか分からないですが、そもそも燃え(萌え)というのはそんなものなんでしょうきっと。原作の真田もアニメの真田もテニミュの真田も全部好きです。可愛いと思います。多分これは馬鹿な子ほどかわいいの気持ちに似たようなところがありますよ。

とりあえず、あの真田の判断がテニスっつーかむしろバトル漫画的に真っ向勝負を避けたことになったとしても、その判断は間違ってないと思うし、それを示した幸村も正しいと思います。
手塚はまだ死んでいない!には笑いましたが、幸村がとことん漢らしいです。流石最強部長です。
あー勝って欲しいな。いやもう負けてもいいけど…でも勝って欲しい。学生時代のように、どきどきしながら来週のジャンプを待とうと思います。
posted by ひとみ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

とりとめなく(やっぱりテニスとか)

二次創作のカップリングで、ほかの誰が相手になろうとこいつだけは特別(優先される)っていう関係がかなり好きです。
たとえば相手がモトサヤで榛名でもキャプ副キャプで花井でも根っこで通じてそうな田島様でも同中出身副キャプ同士栄口君でもノーマルで可愛い千代ちゃんでも、阿部の優先順位断トツ一位はあくまで三橋であるように(見てきたかのように言うのは止めましょう)
相手がえろ声関西弁の同級生だろうと名前の後に年齢がついてくる監督だろうと実力は劣るのに吠え掛かってくる短髪だろうと他校の部長だろうと他校のあいつだろうと他校のあいつ…、跡部様には常に樺地がいないと駄目なように(この人は相手が多すぎます)

これに準さんにおける和さんとか真田における幸村とか、そのあたりも入れたいところですが、前者は二次創作の、後者はアニメの影響をかなり受けてる気がします。なんでアニメの真田さんはああも幸村さんのことばかり考えてるんだろう大好きだ。

それにしても、おお振りでCP萌えすることには妙な罪悪感のようなものがあったくせに、テニスだとそんなもん全く感じずに、楽しめてしまうのはなんなんでしょうね。

あー真田と宍戸さんのアルバムが欲しい。

(とりとめなく終わる)
posted by ひとみ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

カテゴリに迷う。

昨日は三連休中日。
週末心底自分を嫌いになりそうなことがあり、このモヤモヤ鬱な気分をどーにかしたいと、昼から買い物に繰り出しました。
それは女としてどうなんだと思うほどに久々に新しい服を買い、買い、靴を買い。
ああビババーゲン。ビバボーナス(実は給与規定が変わったせいで今年からは出ない筈が、予定外に頂けました)

平均より確実に女力の落ちる自分ですが、服を買ってストレス発散は分かります。金ないとできないのがあれですが。

そんな多少女力アップ?な買い物でしたが、結局一番金額的に大きかったのが、最後に行ったアニ○イトで購入した、テニミュDVD六角feat.氷帝なあたり、なんとも救えないものがあります。



以上、前置きで。長いな。

ここのところ、仕事の方も暇な時期だというのにブログも書かず何をしていたのかと言いますと、(書かなくても分かる気がしますが)2次元と2.5次元の間を行ったりきたりしていました。テニスの。
…なんていうか一度熱もさめ、もうはまることのないジャンルだと思ってたのになあ(遠い目)多分何もかもテニミュのせいです。きっとそうです。
MAD→テニミュ→アニメ・二次創作と、そこまできてしまったので、これは危惧したとおり再燃なんだろうと思います。といっても自分で作りたいと思わない分、以前とは違うと思いますが(自分のオタ的青春はほぼテニスに捧げております)
しかも当時はほぼ氷帝にしか興味がなかったのに、今回立海中心になってるあたりが…。いや氷帝も好きです。でもどうにも真田が好きすぎるような気がしますよ、今回。
単体でも面白おかしく可愛いおっさんで好きですが、カップリングなら相手は幸村で。以前はネーミング的にも外見的にも絶対に真田x幸村だろうと思っていたのに、幸村のキャラを知れば知るほどどっちでもよくなってきました。
真田が愛されてればどっちでもいいです(痛い)
本誌はほぼ立ち読みでですが追いかけていたので、いま彼が調子のりまくった発言して負けフラグ乱立していることも知ってるんですが、好きになったらアバタもエクボになるらしく、そんなところも可愛いと思えるあたりがやっぱり痛いです。
あと離れているうちに、鳳宍が凄い勢いで公式化していたことに驚きました。アニメ関連のグッズとかテニミュとかどんだけ…っ!

そんなこんなで、落ち着くまでまたもぐるか、テニスの話題が増えるかどちらかになりそうです。ご注意下さい&ご了承下さい。
posted by ひとみ at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

テニミュ

テニミュ?とお思いのあなた。はい、テニミュです。
テニスの王子様のミュージカル。略してテニミュですが。
ちょっとニコニコで、はまりかけてます。
…以前は、『は?テニミュって』などと内心鼻で哂ってたんですが、ほんとすいません。
最初はテニミュの面白いMADで大笑いしてただけだったのにな。

以下、ニコニコ動画を見てはまりかけてる流れ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm256479
氷のチチをもげ。見て夜中に爆笑。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm376960
テニミュでサンホラシリーズ。サンホラが結構好きで、これが意外にあってて凄いです。カバロッテ可愛いv

http://www.nicovideo.jp/watch/sm375143
テニミュ・ザ・ファイヤー。ほんとにカッコいい以外に言い様がない。うわーうわー言いながら見入ってたらラストがあれで、氷帝好きだった自分は嬉しかったです。

ここでやめときゃよかったんですが、どうせなら本編も見たいと探したら予想をいい方に裏切りまくってくれて、面白かったです。よくよく考えてみれば、原作で以前二次創作やってて、見目の良い男(の子)達がわいわいやってるの見るのが好きで、多少歌や演技下手なのが何?ダンスバラバラでもいいよって思える自分が、気に入らないわけがなかったよね、っていう…。
しかもその本編も、いまんとこ氷帝戦しか見てないんですが、最初はこれでもかってくらい氷帝目当てだったくせに、最後まで見てたら2期青学もいい!と思いました(※青学役の人たちは今3期目だそうです)
特にリョーマ役の子がお世辞に歌が上手いと言えなくて、これはいくらなんでも酷いだろう主役なのにって思ってて、実際投稿されるコメントもそんなんばっかで、でも2期の人達の卒業の舞台でのコメント見てえ?と思ってwiki見に行ったら、ほんとにほんとにごめん音痴とか思って悪かったマジでごめん!ってくらい大変なことを乗り越えて来た子で、そりゃあんたが主役です。(原作のリョーマ君にはあんまり思い入れないんですが)

私このリョーマなら、塚リョでも跡リョでもいいよ。ついでに言うなら塚跡塚で(腐った発言は自重しましょう)
そう、手塚も跡部もかっこよかったです。歌も上手かった!
ていうかみんなかっこよかった!(もうはまってんじゃないか)


多分、じゃにーずとか好きでついでに漫画も結構好きで、よっぽど『ミュージカルはこうあるべき』って信念がない人なら、楽しめるんじゃないかと思いました。
普通のミュージカルや舞台が大好きで、給料費やしてる同僚には言えないなと思いながら、DVDほし〜とか思ってるあたり…。深入りしないうちに熱が醒めることをもはや他人事のように祈っています。
posted by ひとみ at 00:32| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

買った漫画。

本を買うだけ買って整理整頓が追いつかず、結構本気で部屋がヤバイ。近々あるだろうと思う引越しまでにはなんとかしたいなー。

○キラメキ☆銀河町商店街 3巻
中表紙の夜空を見上げるサトにきゅんとする3巻。
ひとさまの感想で、サトは気持ち隠そうとするんだろうけど、きっとクロにばれちゃうんだろーねっていうのをちらほら見かけて、あれそっちなんだと思いました。
私としては、正直サトの気持ちはクロにはばれなくてもいいので、ミケに知って欲しいと3巻読んで思いました。だって、クロがサトの気持ち知ってもどんな反応するかなんて、分かりきってるっていうかなんとなく想像つくじゃないですか(苦笑)
他の漫画ならありえるかもしれない、本命(ミケ)へのあてつけで付き合ってしまとか、同情から一度だけ関係を持ってしまうとか、それより何より好きな相手が変わるとか、そんなドロドロ一切想像がつかないのが銀河町ってか、クロ→ミケのべクトルというか6人なので。
それでこの漫画のそんなところが好きなので。
だから私は、ミケがどんな反応するのか気になります。
恋心に気づかない(今のクロとの関係・6人の関係が大切すぎて、あえて気づかないようにしてる?)ミケが、ほかの誰でもなく、サトがクロを好きって分かった時、どんな反応をするのか。
最初は6人の関係が変わってしまうのは嫌だなとか思ってたんですが、どうしても時間は流れて、体も心も成長していくから。その流れの中で変化があったとしても、本当に大切なものは変わらないってことを、見せて欲しいな〜なんて思ったりします。

・血液型紹介の、いちいちペアルックな3組GJ…!
・『恋する乙女』言われるミケ(可愛い)笑うマモル(…!)
・特に10、11、12話が大好きです。
・でも10話の微笑んでおでこベシっなクロは、サトの気持ち知ってからだととっても罪作り。
・キューの『万年片思い』。この後あれだけ引っ張るとは思ってませんでした(笑)でも、相手は個人的に納得でした。



ほかの漫画感想も書きたかったんですが、眠いのでここまでで。
posted by ひとみ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画。小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。